ヒーローズ書籍第5弾「経営という冒険を楽しもう3 」発売

ヒーロズ書籍「経営という冒険を楽しもう3」発売

コロナ禍を乗り越えるために立ち上がった奇跡の物語
「どうせ無理を超えて奇跡を起こした2社の実話」待望のシリーズ第5弾!


経営という冒険を楽しもう,コロナ禍,注文

Amazonビジネス書ベストセラー17冠※、大手書店ランキング・ビジネス書第1位。
ヒーローズクラブドキュメンタリーシリーズ第5弾!


全く無名の著者が初めて書いた本が、「中小企業経営者」の心に刺さりブームが起きています。社長、社員、誰が読んでも納得できる一冊!


著者:仲村 恵子(Keiko Nakamura)
ビジョン経営コンサルタント、株式会社 World U Academy代表取締役、ヒーローズクラブ主宰

22歳で独立起業し業績を伸ばすも、いつのまにか数字を追いかけ続ける人生に疑問を持つ。世界中にメンターを探し、「人生と仕事の繁栄を実現する」為の「考え方をシフトする」独自のプログラムを開発。ビジョン経営コンサルタントとして、延べ1万人以上のトレーニングを担当。研修しても根本的な解決は出来ないと言われるコンテンツ(人間関係とお金の問題)を、画期的な学習プロセスで安全に理解し、まるで奇蹟のようだと言われる結果を引き起こし、経営者・経営幹部・後継者・ご家族の問題を根本的に解決し、数々の実績を収める。近年では日本人の根幹となる精神性の高さを復興する事に務め「地球で学ぶ。会社が魂の学校になる日」プロジェクトを始動。世界遺産屋久島やカナディアンロッキー・ヒマラヤ山脈・北極圏など地球をフィールドに質の高い体験を通して、社会に貢献し愛される魅力的な会社創りに邁進している。


第1弾の著書を一部、無料で公開しています。ぜひメルマガ登録をしてご購読くださいませ。  登録して試し読みをする


本音をさらけ出した社長が本当の仲間を得るまでの奇跡のストーリー。


第1弾「僕は社⻑をやめたくなった」

第2弾「僕は社⻑をやめたくなった2」

第3弾「経営という冒険を楽しもう」

第4弾「経営という冒険を楽しもう2」

※1~4巻合わせて「実践・経営リーダーシップ」(4回)、「総務・人事・労務管理」(4回)、「労働」(4回)、「労働組合」「労働問題」「労働時間・休暇」「総務・人事・労務管理の労働問題」「実践・経営リーダーシップ管理」(1回)の各部門で1位。

・私も社長を辞めたいと思った事が何度もあった。まさかの状況から強い絆が生まれ同志になる姿に感動!
・もっと早くこの本と出会っておけば!
・経営者達の偽りの無い本音の話し 。社長と右腕幹部とのすれ違い、お互いの立場からの告白文になっていてすごく面白い。
・後半には、思わず目頭が熱くなりました。人間関係で悩んでいる方へぜひ読んで頂きたい一冊!
・小難しいビジネス書よりよっぽど良い刺激になった!

こんな声が日本中から寄せられています。
会社経営は毎日が辛い船出だと思います。このコロナショックの荒波に飲み込まれ、乗組員(社員)の不安も尽きない。そんな暗雲立ち込める今に、一筋の光明を投げかける本がこれです。


著書の冒頭をご紹介しましょう。

東京郊外の住宅地にある公園。夕日が傾いて少し寒くなり、遊んでいた小学生たちもひとり、またひとりと家路についていきます。でも私はまだベンチから立ち上がれずにいました。

そろそろ会社に帰らなくてはいけない時間なのに、足が向かないのです。思い返せば今朝も、早朝みんなが出社する前に会社に行き、
カードリーダーをかざして出社登録を済ませ、誰も居ないオフィスでざっと日報に目を通して、そのまま誰にも会わずに出てきました。もうかれこれ8時間ほど「外出」したままです。

私は社長なのに。自分の会社なのに。会社に足が向かない。みんなと顔を合わせたくない。なぜ、こんなことになってしまったのでしょうか。
それは今から約10年前、前代社長である父が突然この世を去った日に遡ります。


あなたも似たような体験があるのではないでしょうか?

• 自分の会社なのに思い通りにならない。
• 社員と信頼関係が築けていない。
• 会社経営を楽しめていない。
• 会社に行くのがプレッシャーだ。
• もう社長なんてやめたい。

でも、「会社経営なんてこんなもんだよな」と、どうせ無理と諦めていませんか? 
そんな状況に光明を投げかける本が本書です。

あんなに辛かった会社経営が「嬉しくて、楽しくて、ありがたい」毎日に変えることが出来るのです。それを一足先に実践した実話が収められています。

後継者だからこその、古参幹部や社員との間に起きた問題がリアルに書かれてます。
社長の会社や社員を想う気持ちが伝わってくる。幹部社員の気持ちも正直に書かれててすごい

正直ビックリしました。
私は小さいながら会社を経営しています。数十年の間に多くの社員と価値観が合わずすれ違いが起きました…もしかしたら私にもやれる事があったかも知れない。今からでも間に合うのかもと考えることが出来ました。

一度は口も利かないほどにNo,2と対立し溝が深くなってしまった会社。社員のうち半分が辞表をもってきて事業存続の危機に陥った会社。そんな経営者と幹部がどのように関係が変化していったのか?経営者(跡継ぎ)が自分とどのように向き合って危機を乗り越えたのか?が具体的に紹介されていて読み応えがあった。嘘のない良本です。

とにかくわかりやすかった!
小難しいビジネス書よりよっぽど良い刺激になった!
明日から頑張ろって思える本でした!

※すべてAmazonレビューより抜粋

いかがでしょう? あなたの会社経営もこんな世界に変えたくないですか?
私たち「ワールドユーアカデミー」には、「辛くて、キツくて、楽しくない」会社経営から、「嬉しくて、楽しくて、ありがたい」に変えることが出来た、中小企業の社長たちが集まって「ヒーローズクラブ」として活動しています。

今回、この本を読んで頂くとともに、私たちの活動にも興味を持って頂けたらと思います。

ワールドユーとヒーローズの活動を日々動画で配信中!