HERO'S CLUB 企業ドキュメント ~人生と仕事の繁栄~

「相手を変えたいなら自分が変わるべき!」
愚痴の文化からの脱却へ挑んだ社内改革への道



株式会社ヴァリアント 営業統括本部長 東本 隆志 氏


6年前にヴァリアントに入社され、営業統括本部長を務めていらっしゃる東本隆志氏は、大学時代にパチンコで生計を立て、前の会社でパチンコ店を2店舗から29店舗に拡大させるなど、“パチンコ界の神様”です。大阪生まれということもあって、お話もお上手なのですが、入社後は、部下とのコミュニケーションがうまく取れず、悩んだこともあったそうです。しかし、今は社員の意識改革を成功させるなど大活躍なさっています。

パチンコ業界のプロフェッショナル

大学時代に付けられた私のあだ名は“ギャン”。
“ギャンブラー”を省略したもので、パチンコでの稼ぎで生計を立てていたため、このように呼ばれました。

みんなに「それで食っていけるやん」と言われてたんですけど、大学卒業後、パチンコ業界に就職しました。
ユーザーとしてはある意味、極めた感を得ていたので、今度は逆サイドに立って店を運営したい、という夢があったんです。
「こんなイベントやってみたいな」「こういう台を入れたいな」とか…。

「自分の夢をパチンコ業界で実現したい。」

大きな会社に内定をもらい入社予定でしたが、ついでに受けた、まだ小さな会社の社長に惹かれ、新卒2期生として入社しました。
幸か不幸か…当時は、人材がいなかったので、仕事をどんどん任されて、入社して3年半で新店調査担当から、その新店の店長に大抜擢され、その店が成功し、そこからは、傾きかけた店を渡り歩き、必ず復活させていきました。大好きな仕事だったので、全く苦痛じゃなかったですね。会社の業績も良くて店舗数もどんどん増え、業界でも有数の企業に成長しました。

私もトントン拍子に出世させてもらい、入社して12年ぐらいで部長になったんですが、そこで、私の中で夢がなくなったんです。
取締役を目指せばよかったんですが、歴代の役員は、みんな体調不良になって倒れていくんですよ。

また、家庭においては、仕事最優先で働き続けてきたため、夫婦間に溝ができてしまったんですね。
例えば、旅行の計画を立てても、その直前にどこかの店舗に問題があるとキャンセルせざるを得ない。これが妻や子どもには、受け入れられないわけです。
何の感情もないような家庭になってしまい、「仕事では胸を張れても、良き父親や旦那には、なっていないなあ」と感じていました。
そんな日が続いた中で、妻としっかり話し合い、家庭も大切にして。ということで転職することにしました。

運命の転職

飲食関係の会社に転職のお誘いをいただき、入社する予定でしたが、春から入社という事で、会社を辞めてから入社まで4か月間、時間がありました。
この時、今まで出来なかった家族サービスが行えました。

ただ、この4か月の間で学生時代のように、存分にパチンコを楽しむ日々を過ごしました。
そうすると、店の中を見回して色んな事を考えちゃうんです。
「こうすれば、もっとお客さん入るのに、何やってんだよ」と、発想がユーザー側でなくなってしまう。
これを1か月ぐらい続けたときに、「俺は、この業界がホント好きなんだな…」と思うようになり、妻に頭を下げてパチンコ業界に戻る許しをもらいました。

数社お話をいただいたのですが、最初に面接を受けたのがヴァリアントでした。
当時、常務だった和田雅英氏と社長だった和田博氏に面接していただいたのですが、「なんてオーラのあふれた兄弟なんだろう」と思いましたね。
また、別れ際には、二人とも必ず握手するんですけど、これがまたギューッときつく握るんですよね。
凄くパワーを感じました。
会社の規模は小さいけど、今まで体験した事のない事がこの会社で出来るかもしれない、この会社に賭けてみたいな、と私の心を揺さぶらせる出会いとなりました。

「パワーあふれるお二人に惹かれた。」

あと、和田博社長とは、初対面でない気がしたんです。どこかで会った気がする…。
すぐには思い出せなかったのですが、当時、私の趣味であるゴルフのレッスン番組(NHK)を録画していました。
その中に出てくる、凄く上手いオッチャンのゴルフスイングを何度もコマ送りで見ながら練習していた、そのオッチャンが、今 目の前にいる和田社長!
「これは運命だ」とその時、思いました。

「何度もお手本にしていた人が目の前に」

そして、社長に、「テレビ観てました」と言うと「そうか、観てたのか。今度、一緒にゴルフ行くか」、「行きます!」と、やりとりました。
そして、そのまま普通に「会社も手伝ってよ」と言うので、「ハイ、手伝います!」と入社が決まったんです。
本来、その後、受ける予定だった、他社の面接は受けずにキャンセルしました。

張り切るも、部下に伝わらない!

こうしてヴァリアントに2013年3月に営業推進部長として入社しました。
部長という役職をもらいましたが、過去の経歴はリセットされるので、「よし、またバリバリ頑張るぞ!」という気持ちでいました。

そして、現場に行くと、「お客様を無視して、なんでこんな事してんるの?」とか「お客様第一主義じゃなくて、役員第一主義?」という場面に出くわすようになりました。
私は業績を上げたいので、この事を現場の管理職に話すわけです。
「こうした方が良くなるんじゃない?」「役員じゃなくて、お客様の事を考えようよ」これに対し、口では、「ハイ、分かりました」と言うんですけど、微妙な顔つきで、反応が鈍いんです。

楽観主義の私は、「まだみんな、私に慣れてないのね。まあ、しばらくしたら、前の会社のように慣れてくれるだろうな」と思って、あまり問題視しなかったんです。
でも、1か月経っても、変わらないんです。

そうすると、「なんで、お客様のためになる事をやらないんだろう」、「なんで、『やります』と言った事をやらないだろう」、という不満に近い疑問が生まれてきました。

そんな時、雅英常務から「現場で、どのように動いているの?」と聞かれたんです。
「出来ていない事を伝えているんですけど、全然変わってこないんです。分かったと言っているのに、なぜ、すぐ、やらないんですかね」と答えました。
つまり、私自身は何も問題はないと思っていて、部下には「なぜやらないのか」と暗に批判しているわけです。

そうすると、「ギャンにとって、出来ていない事を指摘するのはどういう心境なんだ?」と聞かれました。私は即座に「愛情です!」と答えました。
「出来ていない事を直せばお店が良くなり、お客様も喜ぶ。そして、結果的にそれが部下の手柄になって、みんなが喜ぶ事になります」、「愛情が無いと言わないです」と。

すると、常務は笑いながら、「そうか、愛情かー」と言って笑い、また、固い握手を交わしました。
「でも、部下は、そう受け取っていないぞ」と打ち明けてくれました。
そして、ラポール(信頼関係)がとれていない状況の中でのコミュニケーションに誤解が生じ、愛情が部下に全く伝わっていない事を説明してくれました。
その時、私の中で現場教育という概念が崩れ落ちるのを感じました。

そんな私を見て、常務が「じゃあ、ワールドユーに行くか?コミュニケーションのスキルを学ぶ場があるから、ちょっと学んで来いよ」と言ってくれました。
こうして、私にとっては、タイムリーにワールドユーの門が開かれたんです。

ところが、私がワールドユーで学ぶという事が、社内に広まると、社員から「大変ですね」って言われるようになりました。
というのも社外研修が、とても多かったんです。
社長は、社員の事を思って、勉強させているつもりが、部下にはその想いが伝わっていない。
何か問題が起きると、
①役員が「いくらお金を使って学ばせていると思ってるんだ」と、大人げない事を言う。
②それを社内で、いつまでも語り継ぐ幹部がいる。
このスパイラルで、研修=大変(面倒)な事 という結びつきが起きていました。

私は、無駄な研修だと思ったら、「お金と時間の無駄だから」と話して、研修をやめさせてもらおうと思って受講しました。

ところが、いざ受講すると、面白い!
自分が常識だと思っていた事が、非常識と感じる人が、こんなにいるのか!
とか、思考パターンの違いを理解出来たり、叱らずに気付かせる方法など心理学に通じたものを感じました。
あと、年代・性別問わず、他業種の人達とホンネで、色んな話が出来るのも刺激的でした。

相手を変えたいなら自分が変わるべき!

ワールドユーの空間って、もの凄く前向きなんですね。

「安心できる場で色んな企業の垣根を越えて、
共に学ぶヒーローズクラブの仲間」

例えば、遅刻してきた人がいても、「無事に着いて良かった~」っていう感じです。
「そういう捉え方も出来るのか」と、勉強になりました。
遅れて来た人も「ごめんなさい」と言いながらも、にこやかに座れる。
私が講師の立場だったら、「5分遅れてるよね」、「みんなに迷惑かけてるからね。謝ってから座りなさい」と言ってしまいます。(笑)

ワールドユーは、何をしようがウェルカムな形で入るんで、「遅刻してるよ」という発想がないんですよね。
「すごい場だな」、「私が持っていない引き出しだな」と感じました。
その時からずーっと、5年ぐらい学ばせてもらっています。
人には色んなタイプの人がいる事、仲間と力を結集する為にはラポールが必要で、相手を変えたいと思ったら、自分が変わるべきという事など、私が知らない事をたくさん教えてくれて、驚きと学びの連続です。

特に、最初の大きな発見は、人間には外向と内向というコミュニケーションのタイプを持っている人がいるって事です。
私は外向型の人間で、お話ししてても、すぐリアクションするんですよ。「うん、うん」と無意識にうなずくし、分かんないことがあると「あ、すみません、ちょっといいですか」
とすぐに聞いてしまうんです。
私と同じようなタイプの人間に対する理解度は、すごくあるので、失敗しても「あ~わかるわかる、僕もやるから」と優し~くなれる。

一方で、内向型(自分の内面と向き合いながら行動につなげていく人もいます。
内向の人は即座なリアクションが薄いんですよ。
反応がないというのが私からすると理解できなかったです。
「あれ、聞いてるの???」、「起きてる???」って。(笑)

「同じ人間なのにコミュニケーションの仕方は全然違う!」

でも、ワールドユーで学ぶと、内向の人はちゃんと聞いていて、頭の中で色々考えている。外向の人はすぐに答えを求めるけど、内向の人にとって、それは苦痛なんだという事が
分かったんです。
同じ人間なのに、まったく正反対の人っているの?と最初は思ったのですが、一緒に学んでいる人の中にも沢山いるわけです。

そして、会社に帰ってからも、内向の人がたくさんいることが分かったんです。
内向の人は考える時間が欲しいのですが、外向の人はすぐに返答が欲しい。
スイスイと話を進めていきたいわけです。
「あ~私は、内向の部下に対して、早く早くってやってたなあ。だから、あんな顔してたのか」と深く納得し「苦痛だったんだな・・・」、「申し訳ないことしてたな」と思いました。

この学びから、「この人は内向だから、少しシンキングタイムをあげた方がいいな」と相手の考えを引き出せるようになりました。
このように、相手の事を理解し、自分が変わる事で結果的に、相手も変わりました。

ラポール(信頼関係)に関しても同じで、私と同じタイプの人とはすぐにラポールがとれますが、タイプの違う人とは、なかなかラポールがとれなかったんです。

私はラポールの手を差しのべているつもりなんですけど、タイプの違う相手からは、拒絶反応が出ちゃうんですよね。「東本さんは、グイグイ来過ぎる~」とか、「すぐ答えを欲しがる」とか。(笑)
ラポールが取れてない状況では、ホンネは言えず、役職上位が勝ってしまう。
部下は、表面的な「ハイ」で終わってしまい、さらに私は「『ハイ』って言っただろう」と、追い込んでしまっていました。

でも、この事が分かってからは、グイグイ一方的に私の押し売りをするのでなく、「どうすれば、良くなるかな?」、「私が手伝う事は何かある?」と、しっかり相手を観察し、意見を聞くようになりました。
そうしているうちに、ラポールも徐々にとれるようになってきました。

相手を変えたいと思ったら、自分をまず変える事が大切なんですね。

「いくつになっても成長できるって楽しい。」

こうして、私と部下との関係は徐々によくなってきたのですが、社内全体の雰囲気はなかなかよくはならなかったのです。

グチの文化からの脱却

うちの会社は、昔からグチの文化が蔓延してたんです。
社長や常務に対しては、幹部はみんな何を言われても「イエス」でいくんです。
「ハイ、分かりました!」って言っといて、社長が居なくなると、「出来るわけないじゃん」、「現場を分かっていないよな」って言うんです。
 
今まで経験した事が無かったので、初めにそれを体験した時はビックリしました。
「出来ないなら、出来ないって言えばいいじゃん」と話すと、「東本さんは、まだ分からないんですよ。そのうち分かりますよ」と誇らしげに言い返されるわけです。
こういう会話が、かなり苦痛でした。

幹部がそういう状態で、自覚がないので、無意識にグチが蔓延していました。
なので、役員とあまり接しない人も、うちの会社はおかしい、役員はおかしいと思ってしまいます。
退職率も下がる訳がありません。

そして、そんな会社で業績が上がるわけがないので、改善しなければ!と着手しました。
前の会社では、お客さんに喜んでもらい、お客さんがいっぱい来たら、喜びや、やりがいにつながる。役員や部長の給料は、俺たち現場が稼ぎだしている。という現場のプライドがあったんです。そして、お客様を喜ばせるのは、一人では無理で、一致団結して業績を上げる。という発想でした。しかし、うちの会社は、とにもかくにも、役員に怒られないように動く、という姿勢だったんですね。

もう1つビックリしたことは、社員に「夢は何?」と聞くと、みんな「夢はないです」って言うんです。「店長になりたくないの?」って聞くと、「なりたくないです。店長になると、役員にいじめられるから」と。役員としては「いじめている」というつもりは全く無いんですけど、業績が悪くなると感情がでちゃうんですよ。パワーがあるので、言葉の威圧で、部下は、いじめられているような心境になっちゃうんです。

そこで私は、ホンネで言えない幹部と役員との間に入ってクッション材となり、良い方向に向かうように努めました。
伝書鳩の役目を引き受け、何か問題があると、私は役員にひたすら事実をそのまま伝えるようにしたんです。
ただ、こういう目的のもと、意を決して、役員にモノ申しているのに初めのうちは、「それ、ホントなの?そんな事、言うのギャンだけだよ・・・」、「俺には、社員はそんな事、言わないよ」と言われるのが、とても辛かったです。
しかし、役員は、社員の事が大好きで「自分達の悪いところは直そう」という意識を強く持っていたので、例えば「今回の案件で、数名の社員が拒否反応を示しています」、「理由は役員の発言のようです」と伝えると、役員も「そういう風に伝わっているのか」と反省し、対処してくれるようになりました。
社員も「東本さんに言えば、役員にもの申してくれる」と、ホンネを話してくれる雰囲気になってきました。

こうしていくうちに、グチを言っても意味が無いと理解してくれたようで、幹部の意識も変わって、社内の雰囲気が良くなってきました。

でも、伝書鳩という役割に対して、「これが私の仕事として、どうなんだろう」と思うようになったんですね。
役に立ちたいと思って聞いてあげていたけど、いつまで続ける???と。

そこで、店長、マネージャーには、「もう、役員も話を聞いてくれるようになったから。自分で言うようにしよう。ダメだったら間に私が入る」と話しました。
実際に、話すと聞いてくれるという事実が増えるについれて役員に対して直接、意見を言える社員も増えていき、少しずつ風通しのよい社風へと変わってきたように思います。

「同じ目的を持って働く仲間と風通しのよいチームへ。」

先日も食事会をしたんですが、以前と比べるとだいぶ雰囲気変わったなあ、と実感しました。みんな役員にざっくばらんに、話しているんです。

昔は、役員が話すと、「ハイ、そうですね」と、接待みたいな感じだったので。
ここにきて、同じ目的をもって働く同志、仲間みたいな、そういう意識が芽生えてきましたね。

さらなる飛躍に向かって

先日、新しくプロジェクトを立ち上げたんですけど、志願した前向きなメンバーが集まりました。やっぱり前向きな姿勢だと、結果的に成功に導いていくんですよね。
失敗しても、誰かのせいにして後退しない。
仲間を信頼し、尊重し、笑顔の絶えないメンバーは、困難な仕事も乗り越えていくんだなあと実感しました。

「この会社に入ってよかった。誇りを持てる会社にしよう。」

会社がこのように変わってきたのも、ワールドユーでの学びがあったからこそです。
過去の成功に縛られ、自分が正解だと思い込んでいた中では、今の自分は無かったと思います。

今後は、人生を振り返ったときに、「この会社に入ってよかったな」と思えるような誇りの持てる会社にします。
さらなる飛躍に向けて、学びを活かしながら、仲間と共に、日々邁進していきます。


最後まで読んで頂きありがとうございます。
感謝!




いかがでしたでしょうか?


私たちは「考え方をシフト」することで、幸せな人生を実現した経営者を、多くの方に知ってほしいと思っています。

考え方をシフトするのは、難しくもあり易しくもあります。どんな点がポイントになるか、

・ 講演会に参加してみる

・ メルマガを読んでみる。

・ 次のヒーロー物語を読む。

3つの方法をご用意しました。


● 講演会

今後の講演会や勉強会のご案内です。経営者本人の肉声が聴ける、貴重な機会になります。



● メルマガ、お問合せ

メルマガ登録、資料請求、無料体験会、お問合せは、コミュニケーションページでどうぞ。



● 次のヒーロー物語

他の経営者がどんな軌跡を辿ってきたのか、全メンバーのヒーロー物語がここにあります。






PAGE TOP