HERO'S CLUB 企業ドキュメント ~人生と仕事の繁栄~

プレッシャーを背負い、がむしゃらに走ってきた20年。
学びによって心軽やかに。



株式会社S.T.S 常務取締役 鈴木 茂 氏


鈴木茂氏は、STSさんに最初はアルバイトとして入られた後、正社員となり、当時の社長の二の腕として現在の会社の基礎を築き上げられました。
会社の規模が大きくなるにつれ、これまでのやり方では通用しないと思っていたところ、二代目社長の強引な勧めもあってワールドユーで学ばれるようになりました。
内省内観を終えた今、心が軽くなられたそうで、以前とは見違えるほど、表情もにこやかになられました。
どのような心の変化があったのでしょうか。

アルバイトから社員、そして常務へ

千葉の高校を卒業後、東京に引っ越しました。特に目的はなかったのですが、音楽でもやろうかな、と思っていました。最初は居酒屋とかでアルバイトをしていたのですが、STSにアルバイトの作業員として入りました。

21歳で結婚することになったとき、きちんと就職しなければなと思い、当時の先輩にすすめられたこともあってSTSの正社員となりました。当時の社長が、とても魅力的だったことも理由の一つです。
当時は、ずっとSTSにいるつもりはもちろんなく、「一度、社会人になってみようかな」ぐらいの軽い気持ちだったのです。ところが、そのままずっとお世話になり、今年で社歴20年になります。

「当時の社長(左)がとても魅力的だった。」

入社当時は現場担当だったのですが、社員が3人ぐらいしかおらず、年齢も私よりだいぶ上の方たちだったので、いろいろなことを覚えさせていただきました。社長に営業にも連れて行ってもらったりして…。

20歳代前半で、お客さまとの打ち合わせも任されるようになり、新しい案件が来ると立ち上げからかかわるなど、いつの間にか営業がメインになっていきました。その後は、社長のもと、会社のスケジュール管理など多くのことを任されるようになりました。社長とはタイプが似ているので、社長にはすごく大事にしてもらっていたのです。

28歳ごろには上が誰もいなくなり、その頃から、ずっと社長の次が私、というような立場になりました。

もともとSTSは、当時の社長が芝居をしながら都合よく働けるように始めた会社で、そもそも会社という感じではありませんでした。社長が芝居に没頭していたので、私がやらざるを得なかったのです。「任せたぞ」という感じで。

「38歳で会社のすべての業務をまかせられる。」

そして、38歳で常務となり、会社のほぼ全面を担う形になりました。現場の管理、作業もやりつつ、採用、給与関係、営業、研修などとにかく全部をやっていました。
やりがいはありましたね。「お前が社長か」とも言われるほど、すべて私の思う通りに会社を動かしてきた、みたいな感じがあるので。

こうしてがむしゃらにやってきたわけですが、次第に、これまでのやり方ではうまくいかないのではないかと、思うようになりました。大きな取引が入ってきて仕事が増え、それにともない従業員が急激に増えたりして、会社の規模が大きくなってきたからです。

特に大きな問題があったわけではないのですが、自分がやり方を変えたり、見方を変えたりしていかないと、みんなが辛くなるだろうな、変わらないといけないのだろうな、と思うようになりました。そのころ、ワールドユーとの出会いがありました。

半信半疑のままワールドユーへ

ワールドユーに関しては、社長のご子息で、2019年4月に二代目社長に就任された平井迅氏から、「入って欲しい」と言われ続けていたのです。けれど、「何をやってるんですか?」って聞いても、「うまく説明できない」とか言われて…。
毎月2日間の研修があるのですが、日々、仕事が手一杯で、「月に2日も空けられない」っていう抵抗があって返事を濁していました。

でも、「何でもいいから行ってみろ」と社長があまりに言うので、仕方なく2018年4月から通うことにしました。

こうして最初は半信半疑のまま入ったわけですが、研修は毎回、ためになることばかりで、学ぶこと自体、すごく楽しかったです。「面白いな」と思ったり、「ああそうか」と気づかされたり…。

通ううちに、ここで学んだことを実践できるようになれば、会社を変えていけるかなと思うようになりました。
今では社長が「行け、行け」としつこく言っていた意味がよくわかります(笑)。

「社長と一緒に学び始める。」

まず最初に、学んだことを会社で活かすことができたのは、人との接し方です。私自身のやり方、スタイルというのがあって、それを漠然とやり続けてきたわけですが、いろんな人がいるから、一方通行のやり方ではダメなんだな、というのがすごくよく分かりました。

例えば、これまで、仕事のやり方を紙に書いて伝えてもうまく伝わらない、これで理解できないってどういうことだ、という感じだったのですが、その原因が学びで分かりました。人には視覚重視、聴覚重視、感覚重視の人がいるのです。

私は視覚重視なんですけど、そうではない人には、紙で書いてもうまく伝わらないわけです。それを知ってからは、一つ一つ丁寧に言葉を選んで説明したりするようにしました。こうして言い方を変えるようにしたら、ちゃんと伝わるようになりました。

また、学んでいくうちに、社員とちゃんと話さなければならないと思いました。私は仲良くならないとしゃべれないタイプなのです。仕事では割り切ってもちろん話すのですが、飲みに行ったりするのは仲のいい決まった人ばかり。
関係の濃い人は濃いけど、薄い人は薄いまんまみたいな。でも会社のチームとしてはこれではいけないな、と思うようになりました。それからは、接点の薄い人ともちゃんと向き合って話すように心がけています。

あと、私は幹部クラスに入っているのですが、社長との関係性とか下からの立場とかが分かる人たちと一緒に学べたことも大きかったです。「こんなことで困っている」とかいう思いが近かったりするので。よその会社の事例を聞いたりして、それも勉強になりました。
普段、そういう人たちと会うことはなく、会ったとしてもそれほど深い話をすることはないので、本音で分かり合える仲間ができたことは、とても心強いです。

「本音で語り合える仲間がとっても心強い。」

社長と本音で話せるように

ワールドユーで学ぶようになってから、何より社長と本音で話す機会が増えました。今までも「会社をよくしていこう」という思いは同じだったのですが、何となくお互いに距離を置いていて、きちんと向かい合って話すことはあまりなかったのです。

その中で、「STSにいてよかったな」という会社にしていく、という方向性が決まりました。人がいてくれないと全く仕事にならないので、みんながいてくれるおかげで会社が成り立っている。だから、人を大事にしていこうと。

それまでは、僕らがまずありきで、「こうなってもらわないと困る」とか、「こういう風に働いてもらいたい」と思っていました。ここにきて、みんなが笑顔で働けるようなしくみをつくることが私たちの役割だ、ということが分かったのです。

「S.T.Sにいてよかったな。そんな会社を一緒につくろう!」

そのようなしくみをつくることによって、「私たちの言いなりになってやらされている」という人がいなくなり、実質的に「自分が楽しくて、仕事が好きで、この会社にいる」という人がどんどん増えていけばいいな、と。

去年、3年間の経営計画を作成したのですが、「売り上げを伸ばしていく」というところで作ってしまったのです。ワールドユーで1年間学んできて、このような数値は自分たちの方向とずれているな、ということになりました。「売り上げを伸ばす」=「仕事を増やすこと」になるので、これ以上、仕事増やすのは、みんなのためにならないからです。

みんなが生き生きと働けるようにしつつ、そこそこ売り上げを伸ばしていく、そんな会社を目指そうと考えています。
やりたいことや、やらなくてはいけないことがたくさんあるのですが、社長と力を合わせて、これからの3年ぐらいで踏ん張っていろいろなことを急ピッチで進めて行こうと思っています。

とりあえず、2019年1月には、組織改革を行いました。

社員数がそれほど多くないので、今までは、社員一人一人がみんな同じように、作業や管理、営業のすべてを担うという形をとってきました。でも、全員が全員同じようにできなくてもいいのではないか、人には得意・不得意があるから得意な部分を伸ばしていけばいいのではないか、と学びで気づきました。

「自分が楽しくて、仕事が好きで、この会社にいる。」

逆に苦手なことをやらされて、時間かかったり、ミスして怒られたりする方が、その人のエネルギーを下げるのではないか、ということで、人の配置の仕方を変えました。作業に特化した人、管理に特化した人、営業に特化した人を、それぞれに配置しました。今のところ、仕事がうまく回っています。

心が軽やかに

2019年3月には、内省内観合宿に行きました。

入社して20年なのですが、振り返る時間もなく、これまでひたすら走ってきました。
合宿で初めて自分の人生について振り返りました。そういうのって普通考えないじゃないですか、目の前の仕事に追われて…。ちゃんとそれだけの時間を使って、「自分の人生とは」、「自分とは何だろう」とじっくり考えたのは初めてのことです。

また、ちょうど内省内観に行く前、いろいろなことが容量オーバーになっていて、いろいろ思ってはいるけど、何をどう決断していけばいいのかわからず、重苦しい辛い時期を過ごしていました。ちょうどそのタイミングで行けたのもよかったと思っています。

内省内観をする中で、臆病になっている自分を発見しました。
決断をしていくこととか、いろいろ背負わなければならないことを、プレッシャーに感じている自分がいたのです。
会社の規模が大きくなるにつれて、私が負うプレッシャーも大きくなり、しんどいなと感じているうちに、だんだんと元気がなくなってきていたわけです。

でも、そのことが分かったあと、書き換えというものを統合ワークでやったら、怖がって臆病になっていたのがなくなり、重苦しい感じがとれて、心が軽くなりました。理屈はわからないのですが、すっきりして前向きにやっていこうかなという気持ちになれました。

今までは、「時間がない」「人がいない」とか言って、自分で制限をつけていたのですが、そういうことはあまり考えないようにし、とりあえず、やれることから一つずつやっていけば、いずれ終わるだろうと思うようになりました。

「ヒーローズクラブの仲間と楽しく学びながら夢を実現していく。」

心が軽くなった分、自信をもって前に進めると確信できました。
このように思えるようになったのは、ワールドユーのおかげです。

私個人の具体的な夢は、「次の世代を担ってくれる人材を育てること」です。
20歳のときから仕事をガッツリやってきて、そのころから、「30歳までには作業は卒業し、管理者になりたい」「45歳までには、次の世代が活躍できる会社を創る」という夢をもっていました。管理者になる夢はすでに実現しましたが、次の目標も実現可能であると思っています。

これからも、心を磨いて人間力をさらにアップさせ、夢に向かって尽力していきます。



最後まで読んで頂きありがとうございます。
感謝!




いかがでしたでしょうか?


私たちは「考え方をシフト」することで、幸せな人生を実現した経営者を、多くの方に知ってほしいと思っています。

考え方をシフトするのは、難しくもあり易しくもあります。どんな点がポイントになるか、

・ 講演会に参加してみる

・ メルマガを読んでみる。

・ 次のヒーロー物語を読む。

3つの方法をご用意しました。


● 講演会

今後の講演会や勉強会のご案内です。経営者本人の肉声が聴ける、貴重な機会になります。



● メルマガ、お問合せ

メルマガ登録、資料請求、無料体験会、お問合せは、コミュニケーションページでどうぞ。



● 次のヒーロー物語

他の経営者がどんな軌跡を辿ってきたのか、全メンバーのヒーロー物語がここにあります。






PAGE TOP