HERO'S CLUB 企業ドキュメント ~人生と仕事の繁栄~

株式会社山崎文栄堂 常務取締役 若狹 謙治氏



「私たちが見たい世界を実現する。信頼と絆の和。」2016年度経営計画発表会スピーチ


 43期は山崎文栄堂にとって、とても大きな変化を迎え、「幸せな社会を創り拡げる」というビジョン経営にコミットした1年となりました。

ビジョンに向かってひとりひとりの幸せとは何か?売上を追いかけていくのではなく、幸せな社会に貢献するためにどのようにお役立ちが出きるのか?その結果売上をあげていくにはどうするか?を真剣に取り組んできました。しかしながら一歩一歩積み重ねていくなかで、思いもよらない試練が押し寄せてきました。どの時代でも試練というのは突然押し寄せてきます。例えば、日本を襲ってきた地震や災害をはじめ、競合他社が現れたり、大口のお客様が突然解約になったり、家族の病気など、思いもかけないことはどの会社にもあると思います。43期は山崎文栄堂も大口の解約があり、実際に3億円の売上げが無くなるという事実がありました。このような出来事があったとき、こつこつ日々の仕事をしてくれている社員からするとショックは非常に大きく、社内には不安や焦りが広がっていました。

その出来事があったとき、山崎さんから喫茶店に呼ばれて、珈琲を飲みながら二人で向き合っていました。これからのことを話し合おうと思ったとき、地に足がついて山のようにどっしりとした大きさや安心を感じました。私からは「売上のことは不安があります。でも今なら山崎さんを含め私たちで力を合わせて乗り越えていける自信と覚悟はあります!」と正直に伝えていました。山崎さんは「ありがとう」力強く言ってくれました。

私の知っている以前の山崎さんは、何か大変なことがあったら「今後売り上げはどうしていくの?」「これからどうしていこうか?」と自分の不安と焦りを私にぶつけていたと思います。どのチームでも同じかもしれませんが、何かあったときに、社員は全員が社長の言動、行動、ありかたを、息を呑んで第一声を待つ瞬間があるのです。目の前の山崎さんと向き合っているとき、周りでは嵐や雨風が吹き荒れているような中で、私たちはそれを越えて自分達やチームを信じてやりきろう!という一点の曇りもない青い空のような思いが広がっていました。
その後、解約したお客様に対して一社一社頭を下げ続けてお詫びと感謝を伝えている山崎さんを見て、私は「同志としてこの人と一緒にやってきてよかったな。これからも一緒に試練を成長の糧としていくんだ。」と固く決意致しました。そして、社員も「幸せを創り拡げるビジョン」があったから一貫性をもってお客様に対応することができました。

振り返ってみると、無言のプレッシャーが強すぎて、お客様を紹介しあう、助け合うということはやってこなく、各自が、自分さえよければ他はどうでもよい、自分の評価や数字に追われている感覚で人のことを考える余裕がなかったように思います。私も社内に「売上や自分の価値が下がる怖さ」からプレッシャーや不安を与えていたと思います。そうするしかなかったんです。それが頑張っていることだと思いました。言葉では信頼、助け合い、お役立ちと言っていましたが、対お客様へのお役立ちは考えられましたが、対チームとしての思いやりや助け合い、お役立ちは思いが寄せられなかったのです。

43期は、ビジョンを成し遂げるという目的のために、やることとやらないことの整理整頓ができました。やることのひとつに登山研修があります。表面上の面談・飲み会を100回1000回繰り返しても、心の中で反発したり「どうせ無理だな」と思っていたり、相手に会わせる嘘の返事を繰り返して、仲間と信頼し合えませんでした。同じ景色を見たり、つらさを越えていく体験を通して、本当に助け合う、励まし合う、五感を通して信頼と絆の和がそこで培われていきました。その結果、このような試練が起こったときに助け合うことや励まし合うことが、自然に出来るようになってきました。先程、櫻井・清家から発表がありましたが、私たちは試練があったときに大切な家族や友人を心から守りたいと思うように、会社を守りたいと強く思い「何が出来るのか?」と膝を付け合わせて話し合い助け合うことができるようになりました。今までは考えられないことです。やっと、個人プレイだったのがビジョンを共有して信頼しあえるチームになってきたのです。
今年の2月、色えんぴつの社章に生まれ変わりました。以前の山崎分栄堂は、白なら白、黒なら黒と一色の色を求められていました。ビジョンを描くには1色では描けないんだということに気づきました。ビジョンはいろいろな色がないとイキイキと描くことはできません。ビジョンとは私たちが見たい世界です。私たちはそれぞれの個性を尊重しあいながら、幸せな社会を創り広げることに、一歩一歩歩んで参ります。試練は人を強くする偉大な力。今は起こってきた出来事、これから起こる全ての出来事に感謝しています。




最後まで読んで頂きありがとうございます。
感謝!


いかがでしたでしょうか?

私たちは「考え方をシフト」することで、
幸せな人生を実現したリーダーの事例を、
多くの経営者に広めたいと思っています。

考え方をシフトさせるのは、難しくもあり
易しくもあります。

どんな点がポイントになるのか、
メルマガでお伝えしていますので、
よろしければ、お読みになってみて下さい。

『奇跡の組織を創る』メールマガジン、無料登録はこちら


ヒーローズクラブ会社様 記事一覧

会社名をクリックすると、インタビュー記事がご覧いただけます。


受講企業様 記事一覧

会社名をクリックすると、インタビュー記事がご覧いただけます。



PAGE TOP