HERO'S CLUB 企業ドキュメント ~人生と仕事の繁栄~

自分と向き合うことで、
数々の試練を乗り越え、また新たな挑戦が始まる



和田食品株式会社 代表取締役社長 和田 博 氏


先代である父親からヴァリアントを継承して2代目社長となった和田博氏は、現在は弟の和田雅英氏に経営を一任し、和田食品株式会社を営んでらっしゃいます。アマチュアのゴルファーとしても大活躍されており、2017年には日本シニアゴルフ選手権で優勝され、史上初の日本タイトル三冠を達成されました。プライベートではこのような華々しい面をお持ちなのですが、ビジネスにおいては人材が辞め続けるという事態に陥るなど、数々の試練があったそうです。どのように乗り越えられてきたのでしょうか。

根っからの勝負師

父親の勧めでゴルフを始めたのは12歳のときでした。「大人の社会を学んでほしい」という親心があったようです。
ただ、そのころから「お前はこの会社を継ぐんだから」と言われ続けていたため、プロゴルファーになろうとかはあまり思わなかったですね。
むしろプロに固執しなかったため、アマチュアとして活躍できてラッキーだったんです。
ゴルフを始めた当時は、今みたいにビデオだとかYoutubeとかはありませんから情報がないんです。
父親から教わるのみでした。
そうすると我流になってしまうわけで、我流では一流にはなれないですよね。

それに気づいたのは25歳ぐらいのとき。私のゴルフは一流の選手の中では通じないとわかったんです。この時大きな出会いがありました。師匠の阪田哲男さんとの出会いでした。

このころから私のゴルフが大きく変わり始めました。当時、阪田さんはナショナルティーム委員長で、選手選考の権限を持っていました。ある試合の帰り道“第一回日本ミッドアマで勝ったらナショナルティームに入れてやるよ”と言われた瞬間にまだ勝ってもいないのに頭の中は“優勝してナショナルティーム入りしている私”がいました。

そして、1996年第一回日本ミッドアマで初めて日本タイトルを獲り、ナショナルティーム入り(1997-2001)、2000年日本アマ、そして今回の日本シニアでも優勝。史上初のアマチュアゴルフ日本タイトル三冠をとることができました。
祝賀会には、かつてゴルフをご一緒したことがある麻生太郎財務大臣も駆けつけてくれました。

5年前に日本シニア優勝を目指すと決め、その目標を達成するための方法を自分の中で構築し、仕事の合間をぬって訓練を重ねました。
タイミングがきたときに、うまく結果に結びつけられるので「強い!」と言われますね。

ただ、2001年に政治的なことが原因で、所属していたナショナルチームから足切りされたんです。
そのとき、ゴルフのモチベーションがダーンと下がり、競技意欲を失ってしまいました。

そして何をやったかというと自動車レースでした。
“鈴鹿1000キロ耐久レースで優勝する“と決め、ドイツから何千万円もする車を購入し、優秀なプロドライバーとメカニックと共に挑戦し、見事優勝しました。
2002年から5年間参加し、金・銀・銅のカップをもらいました。

このように私は、ゴルフをはじめとして、人と勝負している環境が好きなんですね。
でも、今思えば、このことが会社を経営する際、逆に悪い影響を及ぼしてしまいましたね。

父親との葛藤

ゴルフのやりすぎで大学を中退。数字の分析とか、論理的に考えることが好きだったので、専門学校で財務や経理を学んだ後、20歳のときに常務として入社しました。

入社後いきなり、ビデオのレンタルショップのマネージメントを任されました。ビデオがまだ一般家庭に普及し始めたばかりのころです。
幼いころから、父親の意見は“常に絶対”で、逆らうことはできませんでした。そんな環境で育ったので、私としては良いも悪いもなく、「ハイ」というしかなかったですね。

当時の会社は、社長のワンマン経営で、とにかく上から下への一方通行。
古参の幹部たちが「言われた通りにすればいいのだから」と言うので、私は素直に従うしかありませんでした。
社長の指示ですべてが決定するので、会議すらありません。

私は、ワンマン経営から脱却すべきだと思い、いろいろな提案をしたんです。
しかし、意見が採用されることはまったくなく、それどころか「お前は何もしなくていい」と仕事を振られなくなってしまったこともありましたね。
自分が正しいと思うことをすればするほど、「やらなくていい」と拒絶されるんです。

このように父親が私を認めてくれず、軋轢があまりにもひどいので、北海道旅行をしたとき、「会社を辞めて北海道の農園で働こうか」と考えることさえありました。

そんなとき、『侍ジャイアンツ』という野球マンガを読んだんです。
巨人軍に入団した凄腕ピッチャーが、球団に自分を認めてもらうため、いろいろと主張するのですがうまくいきません。
しかし、“自分を認めさせる”というフレームから“自分は巨人を優勝させるんだ”というフレームに変わった時、猛特訓を重ねるようになり、それにつれてチームも一丸となって強くなっていく、というストーリーです。

「あ、これだ!」と思いました。認めてもらうために意見を主張している自分は、まさにこの主人公と同じだ。だとしたら、批判的なことを言うのは一切やめて、父親が納得がいくように行動することが一番のポイントではないか、と考えたのです。
そこから、私の父親に対する関わり方が変化し、関係もほぼ良好になりました。

「引退なんて、全然考えていない」と言っていた父親でしたが、歳をとり今まで自分がやってきた経営とはスピード感も変化し、さらなる勉強も必要な時代になってきたことを肌で感じ、「そろそろかな」と思ったのでしょう。会社創立50周年のタイミングで引退。
2002年、私は新社長になりました。

ここから、新たな苦節の道が始まっていきました。

社長に就任するも、人が辞め続ける

私はゴルフという個人競技の世界で長らく生きてきました。
そこには、頑張って結果を出すしか、評価を得られる手段はないわけです。
そんな自分のセオリーを無意識に社員に対しても当てはめ、頑張ることを社員に常に求めました。
また、ワンマン経営の父親のもとで育ちましたから、新社長となっても個人主義を通し、トップダウンのスタイルを続けました。
そのためもあって、自分が“正しい”と思うことを言えば言うほど、部下に聞き入れてもらえず、人が辞めていくという状況が続きましたね。

「何かを変えなければいけない」と気づいてはいたものの、その世界しか知りませんから、実際にほかの方法というものがまったくわからなかった。
だから、自分のスタイルを貫き通すしかなかったのです。

例えば、すごく頑張ってくれていた社員がいて、その人の給料を1,000万円に昇給したことがあったんです。
彼を見込んでいるからこその昇給で、新しい店舗の起ち上げも任せました。

私の頭の中にあるのは「高いポジションと破格の給料=ものすごいステータス」という図式で、彼はず~っと一生懸命働き、上り続ける、と思ったんです。
でも、結果的に彼は辞めてしまいました。「給料を上げることはステータスであり、いいことだ」と思って疑わなかった私にとって、かなりショックだったですね。

その頃の私は支払う立場として、「報酬への対価がイーブンでないと納得できない」という価値観をもっていましたから、給料が高い分、要求も高くなっていきました。
彼に、相当な精神的負担をかけてしまっていたわけです。

また、「自分ができることは、彼もできるのは当然」とも思っていたので、常に「頑張れ!」と声をかけ続けました。激励しているつもりが、かえって追い込んでしまっていたのです。

彼に限らず、「この人は大丈夫だろう」と同じことを何度何度も繰り返していましたね。
先に高いお給料を渡して、「もっと売り上げを伸ばせ」とかガンガン言い続けたら、逃げ出していなくなってしまったとか…。
今思うと、ずいぶんプレッシャーをかけていたな、と自分でも驚きます。

そんな風でしたから、会社を大きくしたいのに、順調に人がやめていく…。
このような状態が長らく続きました。

ワンマン経営の父親の姿を見ることが大嫌いだったはずなのに、気づくと父親と同じようなことをしている…。
自分の中にもかなり葛藤がありました。
そのせいかどうか当時は、わからなかったのですが、体にも変調がおこってきました。

新たな出会いがあるも、社内は特に変わらず

2007年頃から、原因不明の体調不良に悩まされるようになりました。
何もしていないのに、朝起きると、手首がボカッと腫れていたり、指が1.5倍ぐらいに腫れあがって指が曲がらなかったりするんです。
すごく痛くて…。でも、病院に行っても原因が分からず、薬飲んでも何しても治らない。

仕方がないから、ゴルフの試合のときにはテーピングしたり、アイシングしたり…。
下手すると片手打ちです。それでも大きな大会で5位に入ってしまったりするんですけどね(笑)。
そのようなとき、姉から「もしかしたら精神的なものかもしれないから、ワールドユーというところに行ってみたら?」と言われたんです。
私も半信半疑だったんですが「とりあえず行ってみよう」ということで、参加することにしました。当時、研修は大阪で開催されており「東京を離れるのも環境が変わっていいかな」とも思ったんです。

初めのころは「なんかよくわからない」という感じでしたね。そもそも言っている言葉自体がよく理解できなかったんです。

月に1回行くのですが、毎回毎回、ストレスを抱えて帰って来る。特に大阪からの帰途に身体反応が出て、手首や指、肘が痛くなりました。
でも、不思議とやめようとは思わなかったんです。「身体反応があるのは、何か意味があるはずだ」と、何かしら感じるものがあったのだと思います。

その身体反応は2013年ごろまで続いたんですが、自分にストレスがかかったり、意識が詰まった状態になったりすると起こることが分かりました。
今でもたまに出るんですが「自分の中で滞っていることがあるサインだな」「じゃあ何かを変えよう」という意識になるので、マイナスイメージではなく、むしろバロメーター代わりになっています。

身体反応については、このように原因もわかり、徐々に起こらないようになったのですが、研修での学びの効果は私の中だけにとどまり、社内に革新がおこるまでには時間がかかりました。

学びの成果が徐々に表れる

ワールドユーで心の仕組みを学ぶ中で、まず「この会社にいたい」と心から思ってもらえるよう信頼関係を築くことが大切であることに気付きました。
そうして相手に寄り添っていき、徐々に結果を出せるようサポートしていけばいいのだと…。

以前も今も、社員を人として大切に思う気持ちは同じですが、それが本人達に伝わっていなかったんですね。当時は、それを伝えることが大事だとも思っていませんでした。社員の心の中を見ようとしていなかったわけです。

ただ、学びにおいて“わかった”と“できる”とは違います。
ゴルフも同じで学んだことについて、頭の中ではわかっていても、実践に移すことはなかなか難しいんですよね。

しかし、新入社員とのあるできごとがきっかけになり、自分も“できる”ようになりました。

ある時、新卒の社員をきつく叱ったことがあったんです。
彼は黙ってしまって、仕事もしばらくできなくなってしまいました。
でも、その時に思ったのです。
「あ、違う。確かに自分の言っていることは正しい。しかし、彼の心の中にあるものを受け止めず、叱るということは、彼の尊厳を傷つけている」と。

その時から、サポートしながら接するようにしたのですが、その中で、次第に彼の良さが見えてきたのです。
仕事は遅いし、間違いもする。でも、人に左右されずにコツコツ地道にやり続ける素晴しい能力がある、ということに気付きました。

そこで、彼のその良さを最大限活かせるような態勢にしたところ、彼ものびのびと仕事ができるようになり、うまく回っていくようになりました。
彼が本当に欲しかったのは、「ここにいていいんだ」という安心感や、「未熟な自分でも信頼されている、認めてもらっている」というチームメンバーとしての絆だったのですね。
現在、彼は、塩事業部のトップとして活躍しています。

それまで、生産性を重視するあまり“結果を出さない社員のプロセスに焦点を当てる”ということが分からなかったんですね。

そんなことがあって以降、社員一人ひとりと同じ目線の高さで寄り添って丁寧に関わるようにしました。それを続けることにより、ようやく社内の雰囲気もよくなり、徐々に定着率も向上していきました。

学びの成果もあって、優秀な幹部や社員が育ってきたことも、会社にとって大きかったと思います。
ここまでくるのに10年以上かかりましたけどね。

2017年、大切な幹部2人が本当に成長したなと思えたので、私はヴァリアントを弟に任せ、退任することを決めました。
彼らは、落ち込んでいる社員がいたら、私の代わりに世話をしてくれる頼もしい存在です。

ところが、そのうちの一人が退社を申し出るという問題が起こったのです。

より深い信頼関係に

新体制がスタートし、新社長の情熱とスピードについていけなくなり、現場で疲弊してしまったのです。

彼は新社長と自分との間に情熱のギャップがあるのではないかと思い悩み、「自分には能力がない。貢献できていない。居てもしょうがない」と考えるようになったそうです。そして、食欲もなくなり、眠れなくなり、心も体もズタズタな状態になっていました。

それを聞いたとき、私は、彼に対してひたすら謝りました。

「すまなかった。もっと早く気づいていれば、こんな大変な思いをさせなくてすんだのに」と。
経営者が一人の人間として、大切な社員にただ謝る。
そのことで、彼は自分が大切に思われていたことに気づき、再スタートを切る決心をしてくれました。

“謝る”という意味がやっとわかったのはここ1、2年です。
それまでは、たびたび「私は正しい」と頭に来てしまう自分がいました。

でも、気づいたんです。「自分が正しいか」ということではなく、目の前にいる人が辞めたくなってしまったり、悲しんだりしている原因が自分にあるということに対して、「申し訳なかった」と謝ることが大事であることを。

この一件以来、彼との信頼関係がより深まりました。

光が見えた!

それでも社内では、何人かの反対勢力がいるんです。
彼らは、私たちの目の前ではすごくいいふりをしているんですが、本音は違う。

そこで、今年になってその中のある一人を幹部のエリアから下げたんです。
そうすると、その店舗の雰囲気がものすごくよくなったんですね。
その人のために、みんなが言葉を選ばなくてすみ、のびのびと仕事ができるから。

降格する前は、「今この人を降格したら、次、だれがやるんだ?」「業績が下がってしまうのではないか」とか、いろいろなことを考えていたんです。

でも、その前に、自分たちのもっているパワーが縮んでしまう方がダメだということ、また、本当にこの会社が大好きで、この会社と一緒に自分が成長したいと思う人の集まりが一番成長スピードが速いし、自分たちが気持ちよく仕事ができるということが、実践としてよくわかりました。

先日、食事会があったんですが、そこの空気感には素晴らしいものがありました。
ここに来てようやく、光が見えてきたのです。
これまでの学びと現実のビジネスが結びついたわけで、“スキル”と“人材”という素晴らしいものを私たちは手に握ったな、と確信しました。

新たなる挑戦

今もなお、ワールドユーで学び続けています。
11年間を通して、内省内観を繰り返し、自分自身の内面と徹底的に向き合ってきました。

このことが、ゴルフにおいても大きな結果をもたらしたと思っています。
結局、仕事もゴルフもすべてのことは自分自身と向き合っていくことです。
不安や焦りを手放し、心を落ち着かせてスッと自分に入れるようになるとうまくいくんです。

今は、ますます発想が自由になって、さまざまなアイディアが湧いてきています。
本当の意味での自由な人生を送るため、新たなミッションに挑戦しようとしているところです。

現在、力を入れているのは、ハーブガーデンのある上野原の街の活性化と、小学生が学ぶプログラミング教室の拡大です。

上野原の街の活性化については、“上野原ハーフガーデン”というブランドを有名にして、そのまわりの農家さんたちにもそのアライアンスに入ってもらい、上野原の農業を活性化させていきたいんです。

上野原に来て、農場を見て、植わっているものをそのまま食べて、「なるほど、これはおいしい」とその良さをわかっている人だけに売っていく。
野菜本来の価値を大切にすると同時に、入り口を狭くしてブランディングとしての価値を高めていきたいと思っています。

プログラミング教室については、2020年度から小学校でプログラミング教育が必修化されることになっているんです。そこで、現在は1教室のみですが、これを、中央線沿線の西多摩地区から東に向けて拡大させていきたいと考えています。
また、プログラミング教育というのは学校においても初めての試みですから、先生方に向けて教育の仕方を教えましょうということを、八王子市の教育委員会とタイアップして行おうとしているところです。

この事業は、日本の将来を支える子どもたちの能力を高めていくというものですから、非常に社会への貢献性が高いと思ってワクワクしています。

このように、やりたいことはいっぱいあり、私自身、このような情熱のある自分をすごく新鮮に感じています。

私にとっての “自由な人生”は始まったばかりです。
まだまだ冒険は続いていきます。

素晴しい仲間との出逢いに心から感謝し仲間と共々に楽しく、自由な人生を歩んでまいります。

ありがとうございます。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。
感謝!




いかがでしたでしょうか?


私たちは「考え方をシフト」することで、幸せな人生を実現した経営者を、多くの方に知ってほしいと思っています。

考え方をシフトするのは、難しくもあり易しくもあります。どんな点がポイントになるか、

・ 講演会に参加してみる

・ メルマガを読んでみる。

・ 次のヒーロー物語を読む。

3つの方法をご用意しました。


● 講演会

今後の講演会や勉強会のご案内です。経営者本人の肉声が聴ける、貴重な機会になります。



● メルマガ、お問合せ

メルマガ登録、資料請求、無料体験会、お問合せは、コミュニケーションページでどうぞ。



● 次のヒーロー物語

他の経営者がどんな軌跡を辿ってきたのか、全メンバーのヒーロー物語がここにあります。






PAGE TOP