HERO'S CLUB 企業ドキュメント ~人生と仕事の繁栄~

どんどん人が離れていく企業からの脱出
“孤独”や“不安”を克服し、心穏やかに



株式会社ヴァリアント 代表取締役社長 和田 雅英 氏


ヴァリアントさんはお父さまが起業された会社で、現在は、アミューズメント施設の経営をされています。和田雅英氏は2代目のお兄さまから引き継ぎ、2016年7月に3代目の社長に就任されました。ワンマン経営により、優秀な人材がどんどん辞めていくという苦しい状況が長らく続いていたのですが、現在は信頼する部下もでき、定着率も向上するようになりました。今はとても穏やかな表情で「社員の笑顔が自分にとっての幸せ」とおっしゃる和田氏ですが、昔は何かあるとすぐに怒ってしまう性格だったそうです。どういう風に心が磨かれていったのでしょうか。

常に絶対服従!

私は、元々プロゴルファーを目指していて、大学時代は体育会系のクラブに入ってゴルフばっかりしていたんです。関東で1番、全国では5本の指に入るぐらいがんばりました。

「プロゴルファーという夢に向かっていた学生時代」

しかし、大学4年のときに父親に「会社へ入れ」と言われ、そのまま会社に入ることに。
かなりのショックを受けましたが、父親の意見は“常に絶対”なので、逆らえなかったですね。昔からすごく厳しくて、限界のない要求をしてくる、そんな人でした。
だから、嫌でもやるしかなかった。すべてが引かれたレールの上を歩むような感じで。

会社に入ったらすぐに、レンタルビデオ店の店長をやるように言われました。
当時はやる気もなく、ただ言われたことを、言われたようにやるって感じでしたね。
2年ぐらいやっていたのですが、つまらなかったので、自ら中古のファミコンの売買を始めました。このときは楽しかったですね。4店舗まで拡大しました。

その後は、スロット店やパチンコ店の店長を務めたんですが、父親の息がかかった古参の幹部がたくさんいて、「自分の意見を通す前に、言われたことをやりなさい」と言われ続けました。納得できなかったけど、従うしかない。

当時は、夜11時に終わり、朝は9時に出社という毎日だったのですが、若かったこともあるし、持ち前の気合と根性でがむしゃらに仕事していました。

そんななか、ゴルフはアマチュアの世界で続け、1997年にはナショナルチームに入り、日本代表になって世界アマチュアに行くこともできました。

でも、2002年、ある出来事によってナショナルチームをやめたんです。
心にポッカリ穴が開いたような感じになって、その頃からですね、私の中で何かがギクシャクし始めたのは…。

どんどん人が離れていく!

当時、3歳上の兄が社長になっていました。
私は兄のことは好きで、憧れの人でもありました。兄もゴルフを続けていたのですが、一度も勝てなかったですね。天才肌なんです。考えたことをすぐに実行して形にしていく。
父親に「兄弟は仲良く」と言われ続けていたので、幼い頃から喧嘩一つしたことがなかった。

「和田兄弟としてゴルフ界で活躍」

「社長は決定する人、部下は実行する人」そう思い込んでいた私は、ナンバー2ですから社長の言われたことを実直にやるしかないわけです。たとえ納得できないことであっても、言われたことをやらなきゃならないし、結果もちゃんと出さなければならない。

そんなプレッシャーがあるなか、やるべきことを部下に伝えようとするのですが、コミュニケーション能力が足りないから、本当に上手くいっていなかったですね。
今は、こんなにしゃべれますけど、その当時はすごい言葉足らずで、ネガティブな発言も多くて…。すぐに怒っちゃったり、すぐムキになっちゃったりして、相手をかなりキズつけてしまっていました。

また、ゴルフって個人のスポーツじゃないですか。努力すれば必ず成果が出る、人の倍、練習したら結果につながる、という世界で私は生きてきたわけです。
だから、自分ができるんだから、お前も頑張ればできるはずだ。できないのは努力が足りないからだ、という押し付けがあったように思います。

私の中には、努力とか諦めない、絶対に負けない、とかいう信念があるので、結局戦っちゃうんですよ。
戦っちゃうとどうなるかというと、部下は弱いから辞めるか、逃げるか、嘘つくか、という感じで、いろんなことが起きる。
でも、それに対して、私はどう対処していいのか分からないから、また戦うか、排除するか、無視するか…と、自分のやる方法でしかできない。
こんなことがグルグル回っていました。

「成果を出すために、必死に戦うしか思いつかなかった。」

例えば、社長から「この店の売り上げが下がっているから、業績を上げろ」と言われますよね。すると、応援かたがたその店に行って、店長に話をするわけです。
そして、「自分のシフトを変えて、遅くまで働け」とか「新しいものを取り入れろ」とか、店長に対して限界のない要求を言い続けるわけです。
嫌いだった父親をモデリングした感じですね。
部下と飲むときも、だいたい説教。自分の発散の場でした。
こうなると、どんどん悪い方向になり、マイナスのオーラが広がっていって、原因不明の病気にもかかりました。

そんな状態が5年間ぐらい続き、その時の店長はほぼ辞めてしまいました。
優秀な人が他の店に取られていったわけです。もし辞めてなかったら、もっと会社は大きくなっていだろうと今になって思います。

家庭でも、夫婦の会話がうまく成り立たず、私は妻に対して批判ばかりしていました。自分の世界観の押し付けですね。
ある日、夜遅く帰ると、妻がニコニコしながら「お疲れさま。今日も一日ありがとう」って言ってくれたんだけど、私の方は「なに笑ってんだ!俺は仕事してきて大変なのに」って怒ってしまう…ということさえありました。
とうとう妻も口をきかなくなってしまうという状態に。

こんな感じで、社内でも家庭でもどん底の状態のときに、ワールドユーさんに出会いました。

自分が変わるべき!でもそう簡単には変われない

2009年、ワールドユーに兄の紹介で入りました。
兄から言われたことを“素直にやる”という習慣がついてましたから、「行ってみないか」と言われ、今までと同じように「はい、わかりました」と行くことにしました。
疑心もなく期待もなく…。

最初の方は何を言っているのかよくわからず、寝ていたり、文句を言ったりばかりしていましたね。

でも、学んでいくうちに、コミュニケーションというのは、一生涯うまくできないと思っていたんですが、スキルで学ぶことができるんだと気づいたんです。

一番衝撃的だったのは、コミュニケーションの方法にはひとそれぞれ無意識に使うパターンがあるという事でした。その一つとして例えば、意識の向き方でも外向が得意な人と内向が得意な人がいる。外向の人というのは、簡単にいうと、話したらすぐに返事を返すような人で、相手の言葉や表情などに敏感に反応する外側に意識が向く傾向の人です。私は外向が得意なんですね。
でも自分の内側に意識を向けるのが自然で、しっかり考えてから話す内向の人もいるんだ、と気づいたとき、驚いちゃったんです。

「コミュニケーションの学びは驚きの連続!」

私は今まで、部下に話しているときに反応がないと、「この人は聞いてない、この人は私のことをきっと批判している、気に入らないんだな」と勝手に思い込んでいました。そして、聞いてないと思っているから、さらに弾丸トークでたたみかけていたのです。その人は考えているのに…。
それが分かってからは、自分が変わらなければと思い、内向が得意な人に対しては、返事が返ってくるまで待つように努めました。

また、学びの中で、私は感情で話すのではなく、すべて単語で話していたことが分かったんです。そのために、しゃべっている言葉が相手に伝わっていなかった。
自分としては伝えているつもりなんだけど、相手にしてみれば何を言っているのかよくわからないから、黙り込む。
すると、こっちは「何でわかんないんだ!」と感情的になり、怒ってしまう。相手はますますシャットダウン。こっちはさらにヒートアップ!ほんと悪循環でしたね。
そのことを知ってからは、相手に伝わるよう、言葉を選びながら話すように努力するようになりました。

でも、変わんなくちゃと思いつつも、そう簡単には変われないですよね。頭ではわかっているけれど、いざ、社員と話してうまくいかないと発火してしまう。
ワールドユーで学ぶ中で、その怒りの根本原因も分かりました。

原因が判明!でも社内は変わらず

2011年、内省内観を行う統合ワークと言う合宿研修に参加しました。自然に囲まれて人間本来の姿を映し出すというものです。そこで、生まれて初めて自分の人生と向き合い、振り返りました。

静かに自分の心と向き合いながら、一つ一つの物事を繋げて何でそうなったのかを考えるんです。

でも、恐いのか、したくないのか分からないんですけど、何も出てこないんです。
そうこうしているうちに、思わず、そこの部屋から逃げ出しちゃったんです。海に行って、「俺、何のためにここに来たんだろう?」って思ったりもしましたね。
でも、一生懸命に内観したら、出てきたのは“恐怖”や“不安”という言葉でした。
 
言われたことを素直に実行したり、すぐ怒ったりするのにはちゃんと理由があった。
常に心の中に「嫌われたらどうしよう」という“恐怖”や“不安”があったわけです。だから、どうしても相手に本音を言えなかったり、真剣に向き合えなかったりしたわけです。
怖いから相手を批判するしか方法がなかった…。

そこに気づいたとき、自分の“不安”としっかり向き合えるようになりました。不安がダメなわけではない。素直に感情をみとめられると、周りに向けて優しくできるようになりました。また、本音で言えたり、人に関心を持ったりすることができるようになりました。
自分自身も、相手の話をしっかり聞き、笑顔で話すように努力しました。

「自分の中にあった新たなエネルギーが動き始める。」

翌年にあった2回目の内省内観では、もっと深く自分と向き合っていこうと決意。すると、内観を進めるにつれて、なぜだか恐くて恐くて机の下に潜り込んで大泣きしました。「ビャー」と駄々っ子が泣いているように…。
一通り泣いた後、ふとその理由がわかりました。自分は“独りぼっち”なんだという思い込みをもっていた。淋しくて、固くて、縮こまってている臆病な小さな自分がずっといたわけです。
私は人との境界線が近く、傷つきやすいので、本当の自分を知られないようにしながら、わざと罵声を浴びせたりしていたんですね。

「小さな頃の記憶と出会う。」

そこに気づけたことで「もっと自由でいいんだ」と思えることができた。
自分を解放することによって、「一人じゃないんだ、みんなとともに生きるんだ」ということが分かったとき、心が温かくなりました。
 
そのとき、もっと他人を大切にしようと誓いました。
それからは、人生観がものすごく豊かになりましたね。

こうして私は少しずつ変わっていったのですが、社内全体の雰囲気としては、まだまだいい感じではありませんでした。
今までが恐すぎただけに、私に対して何にも言えないという雰囲気がまだまだあって…。
これから店舗を拡大していくというときだったんですが、学びの成果があまり浸透せず、人材が減っていくという状況はそれほど変わらず悩みました。

ようやく信頼する部下ができた!

私のせいで、優秀な方がみんな辞めていっちゃったので、私には信頼する部下がいませんでした。
でも、信頼する部下が2人できたんです。

まず、2008年に、ある人の紹介で優秀な人が入ってきました。矢部明氏(やべっち)です。
でも、なかなか社内になじめないようだったので、2010年からワールドユーで学んでもらうことにしました。矢部氏は「言われたから行った」という感じで、最初の2年間は、昔の私といっしょで、寝てるだけ、文句言っているだけでした。

「幹部と一緒に学ぼうと決意。」

2012年からは私も一緒に学ぶようにしました。私のあらゆる所を見てもらうようにしたんです。矢部氏もようやく学び続けてきたことが、耳に入り始めるようになり、お互いに本音で向き合えるような関係に徐々になっていきました。

決定的だったのは、2013年のワールドユーでの登山研修です。
一緒に屋久島の太忠岳という山を登ったのですが、やべっちは体力があまりないから、私は守護神のように彼にひっついて、声をかけながら、見守りつつ登ったんです。
 
まず、同じ体験をすることによって、親近感が増しました。太忠岳は下から見ると険しい山だけど、上に登ったときは屋久島のすべてが見えるんですよね。頂上に至ったとき、そこから見る景色はほんとに素晴らしく、2人で涙を流して喜びました。
自分たちの未来に向けての希望が広がった感じです。

「2人で見た山頂の景色は最高の宝物。」

また、やべっちの方は、「ほんとに僕は社長に大切にされているだな」と感じたそうです。
そこから、「この人と一緒にやりたい」「この会社に貢献したい」という考えが生まれ、全力で頑張ってくれるようになりました。

それからは、お互いに何でも本音で話すようになり、上司・部下という関係ではなく、大切な同志、仲間として向き合うようになりました。

さらに、学びの成果によって私の出すエネルギーがよくなってきたからだと思うのですが、パチンコ大手で部長を務めていた人が入ってきてくれました。東本隆志氏です。
彼は、ズバズバ本音でしゃべってくれるんです。

こうして信頼できる2人の部下ができたことで、社内の雰囲気がだいぶ変わっていきました。私と社員との間に入って、クッション材の役目を果たしてくれたんです。
そうすると、今まで見えていなかった社員の本音が分かったり、私が言ったことに対する誤解を解いてくれたりして、ようやく社内の風通しがよくなってきました。

「信頼できる幹部たちと挑む山は険しくも楽しい。」

世界観が変わった!

私は10年近くワールドユーでずっ~と学び続けています。辛かった時期が長かったので…。1つのことがある程度クリアできると、次の課題が出てくるんですよね。

2015年ごろからは、「私の人生がどこに向かっていくのか」、ということを学び始めました。そして、自分のことだけをやっているのではなく、「どんなことをして社会に貢献していくのか」ということを意識し始めてから、世界観が変わるのを感じました。

「学びと共に世界観が変わっていった。」

今までは、お金儲けが先に行き、会社の細かな事柄のみにこだわっていました。
お金儲けはしなきゃいけないんだけど、そこから枠を広げて、「世界の平和に貢献する」と決めたんです。社会貢献して、世の中に必要とされる企業になりたいと思っています。
そうすると、足りないものがたくさんあるじゃないですか。今ある課題をどう解決していくか、という風に向きが変わりました。

2018年には、カナディアンロッキー研修に参加しました。
1週間ぐらいかけて仲間と一緒に山を登るのですが、その中で、1万年以上前の氷河や壮大な滝を見たり、温暖化で氷河がなくなっているところを歩いたり、神秘的な水を飲んだりしながら、エネルギーの循環をおこしていくのです。

「カナディアンロッキーの氷河を歩き自己を探求する。」

素晴らしい景色に深く感動するのはもちろんですが、それ以上に「この地球上にいて、自分が生かされているな」ということを感じ、感謝の気持ちが沸き上がります。
また、圧倒的な自然を前にして、「自分自身はなんてちっぽけなんだ」と。
ここでの研修を通して、さらに世界観が広がりましたね。

「この地球は本当に素晴らしい!」
※ヒーローズクラブの仲間と共にロッキーにて

研修から帰ってきた後は、どんなことに対しても「ありがたいな」と心の底から感謝するようになりました。社員に対しても、また兄に対しても、心から感謝し、素直に「ありがとう」と言えるようになっていました。社員の笑顔が、自分にとっても“幸せ”と感じられるようになったんです。

山を登っている時、辛くても同じリズムで登っていると疲れないんです。この研修でかなり険しい山に登ったことによって、そのことにさらに磨きがかかったような気がします。
社内でも、自分の感情が高くなったり低くなったりしなくなりましたね。いつも機嫌よく穏やか、冷静ににこやかにいられる。
そうすると、何か起こっても、冷静に対処できますよね。

「何が起きても明るく機嫌よく。」
※ヒーローズクラブの仲間と共にロッキーにて

社員が幸せな会社に!

最近は私がこういった感じでいるため、私に対する社員の態度も変わってきました。
昔は、社員からほとんど避けられているような感じでしたが、今では関係は良好です。
毎月1回、店ごとに懇親会を開いたり、さし飲みをしたりしているのですが、いつも質問攻めにあいます。仕事のことだったり、個人的なことだったり…。

ここにきてようやく、望んでいた会社の姿に近づいてきて、とても嬉しく思っています。
今後も、社員が明るく希望をもって働ける組織、幸せな人生を送れる組織にしていくために努力していきます。

最後になりますが、業界が一番大変な時期に社長に就任し、ワールドユーで学んだ「愛」「強さ」「ユーモア」で、どんな問題や難題の試練も学びに変えてここまで来れました。

「会社のため」「社員のため」「お客様のため」「仲間のため」に決定を下すと決め、自分が先頭に立って前を向き、何事も愛と感謝の気持ちをもって挑戦できるようになりました。
これからは大丈夫!
今までの恩返ができるよう、助け合い、支え合い、感謝し合い、ヴァリアントグループの発展に尽力しようと決意を固めています。

「愛と感謝で進んでいこう!」


最後まで読んで頂きありがとうございます。
感謝!




いかがでしたでしょうか?


私たちは「考え方をシフト」することで、幸せな人生を実現した経営者を、多くの方に知ってほしいと思っています。

考え方をシフトするのは、難しくもあり易しくもあります。どんな点がポイントになるか、

・ 講演会に参加してみる

・ メルマガを読んでみる。

・ 次のヒーロー物語を読む。

3つの方法をご用意しました。


● 講演会

今後の講演会や勉強会のご案内です。経営者本人の肉声が聴ける、貴重な機会になります。



● メルマガ、お問合せ

メルマガ登録、資料請求、無料体験会、お問合せは、コミュニケーションページでどうぞ。



● 次のヒーロー物語

他の経営者がどんな軌跡を辿ってきたのか、全メンバーのヒーロー物語がここにあります。






PAGE TOP