HERO'S CLUB 企業ドキュメント ~人生と仕事の繁栄~

苦節40年
不平不満、不安の会社に温かい風が



タカラ印刷株式会社 代表取締役 林 克重 氏


タカラ印刷さんは創業64年で、林克重社長は3代目です。生まれたときから跡取りとしての人生を運命づけられ、20歳のときに入社してから約40年もの間、苦節の道を歩まれてきました。「いい会社にしたい」と思えば思うほど空回りし、その思いとは裏腹に、社員との社長間に不平不満不安が蔓延している会社だったそうです。それが、今では社長ご自身も「社員のことが愛おしい」とおっしゃるほど、温かい雰囲気に包まれた会社に変わりつつあります。

跡取りとして生まれた宿命


タカラ印刷は祖父(母方の父)の出資金をもとに、父が昭和29年5月に創業した会社で、活版印刷という活字による印刷をスタートしました。
私が生まれたのは昭和30年1月なので、母のお腹にいるときから会社は動き出していました。
「お前が跡取りだ」ということで、生まれてすぐから跡取りとしての人生が運命づけられていたわけです。

「創業者である父の元、跡取りとして期待された」

当時は、右肩上がりの高度経済成長期。
父も頑張り、福島の活版印刷では伸び盛りといわれるほどの会社となりました。
しかし、残念ながら私が10歳のとき、父が原因不明の病気にかかり、入退院を繰り返していくうちに、会社がだんだん衰退していくという状況に陥りました。
 
私は中学を卒業後、東京にある高等高専グラフィック工学科に行ったんです。
だから、私が福島に帰って来るまでは、母と姉が父の看病をしながら、印刷の仕事もやって本当に頑張ってくれました。
母は「工場を守る」という意思が強かったんですね。
また、東京の短大を出た姉も戻ってきて営業を担当し、女性陣が会社を支えてくれていたわけです。

「強い意志で女性陣が会社を支えてくれた」

お客様が父を見捨てなかったこともありがたかったですね。
普通だったら存続しなかったはずです。

経営のノウハウもないまま、突っ走る


私は卒業後すぐ、20歳で戻ってきて仕事を始めました。
本来、どこかで修業をしてから戻るべきだったんですが、父が余命半年といわれていたので、どこへも行けなかった。

そのときは社員が5、6人いて、今にもつぶれそうな工場で、床や壁に穴があっちこっち空いているような社屋でした。
そもそも会社としての機能が果たせないという感じでしたね。納期遅れや校正ミス商品を納入してしまったり、仕上げ断裁の寸法を間違って納品できなかったり…。

私は、グラフィック工学科で様々学んで「こうありたい」という理想論をいろいろ抱えて福島に戻ってくるわけですよ。
そして、現実を見て「ここの会社がダメなのは母のせいだ。」「社員のせいでダメなんだ。」と、とんがっていましたね。

「理想と現実の葛藤。どう経営していいのかわからない。」

そんななかで、現場の社員がとっても苦労している工程があって、その工程を何とか楽にしてあげたいと思い、最新の機械を入れたんです。
工場の土地を担保にして3000万ぐらいの設備投資を行いましたが、技術者・営業育成がままならずに投資が販路に繋がらず。
本当にどうやって年を越そうって事がありました。
社員には雀の涙でしたがボーナスも出すんですが、現金がなくって…。餅を買うのもやっとでした。
私も給料はもらわないまま、ずっといました。
それが20歳から5~6年、続きましたね。

父が亡くなったのが24歳のときで、それからですか。少し自分が変わってきたのは。
世間知らずの跡取りがカバンもってお客様の所へ伺いひたすら頭下げていると、不思議なことにだんだん仕事って増えるんですね。
何もできない人間なんだけど、一生懸命やっていると、少しずつ仕事が広がっていって、新しいお客様からお仕事をいただいたり、うちに発注を切り替えていただいたり…。

こうして、25~26歳ごろに少しずつ会社が出来始めたんですが、とにかく人の出入りが激しかったですね。
私としても、どう経営していいか分からないままでしたから…。
あの頃に居た社員には申し訳ないなと思いますね。

でも、なんとか少しずつ良い方向に向かっていって、30歳ぐらいのときに、福島大学経済学部の助教授による、地元中小企業の若い社長を集めた勉強会に従弟から誘われ、参加するようになったんです。数か月に1回集まって、先輩社長の講話や企業訪問、MBAのゼミの一環のような学習会があったり。
そこで私はすごく勉強させていただきました。勉強会は、10数年続いたのですが、世間の広さを感じましたね。
この勉強会がなければ井の中の蛙のままだった。
それまでは、とくかく目の前のことにがむしゃらだったんですね。

売上は伸びるも、不平・不満・不安だらけ


1990年代はじめ、私が35歳のころ、日本でもMacが出始めました。
これがあれば、製版の技術がなくても自由に色をつけたり、文字を修正したりすることが簡単にできるわけで、何とか社内でできたら、お客様にかなり喜ばれるなと思って。
それまで設備投資をしても失敗の連続だったので、今度は慎重に慎重を重ねて導入しました。
 
Macを導入したことにより、会社としては大きな転換となりました。
他に導入している印刷会社さんは近くにありませんでしたからね。
便利な印刷会社になった訳ですから、お客様から仕事がきて、成長軌道に乗りつつありました。

そんなとき、福島市に外資系の医薬品メーカー様が工場を建設しました。そこで製造する医療機器関連の印刷物の発注をいただけるようになったのです。
それが、当社の医療関係部門の基点となり、今では医療機器・医薬品メーカー40社以上と取り引きさせていただいています。
 
お陰様で、取り引き先も増え会社自体は成長し、「お客様に見ていただける印刷会社」をつくろうということで2005年には新工場も建てたりしたのですが、まだまだ嵐のような会社でしたね。

「2005年新工場建設。お客様に見ていただける会社にしよう!」

人は入るんだけど、社員が育たない、育ったと思ったら辞めていく…その繰り返しばかり。
常に会社の中が不平・不満・不安だらけ。
なんせ、残業も当たり前という感じで、“仕事する人が一等賞”みたいな、仕事さえすれば良いんだという会社でしたから…。
私自身も、売上が上がり利益が出ても、全然、幸せ感がなくて…。
「いい会社をつくりたい」と思っていても、うまくいかない。そういう状態がほんとに長い間続きましたね。

衝撃的な出会い


2016年8月、古くからの知り合いである会計事務所のMCSグループの鈴木正人社長からワールドユーアカデミーの会員になっていて、「今度、福島で講演があるからご子息と一緒に時間を空けといて」って言われたんです。

過去に振り回され切羽詰まっていた私は、講演の最後に質問したんです。
「様々なミスや失敗が続いて社員が疲弊しているんです、我々って過去は変えられないですよね。過去は変えられないけど、未来は変えられるっていいますよね。それって、どういう風に考えればいいのですか」と。
そしたら、非常に私の心に沁みる一言が返ってきたんです。

仲村恵子社長が「過去からは学べることたくさんあるでしょ。過去から学べばいいじゃない。」と言ってくれたんです。
「“学べる”ということを言ってあげたら、社員も肩の荷がおりるでしょ。そこから未来をつくると考えてごらん」と。

その一言が、心にピーンと来ましたね。
そこから、「失敗は学ぶもんだ」と思えば良いんだと切り替わった。

「心にしみた福島の講演会」

印刷会社って失敗の連続なんです。
納品した物に問題があると、取引先から「返品」、さらに「是正対策書」を提出するよう言われるわけです。
特に医療関係は品質管理をしっかり行わなければなりません。

そんなとき、私は社員に「過去は変えられないんだから、しょうがない、改善するしかない。しっかり対応して、これから頑張ろう」という話ばかりしていました。
過去の失敗から学ぶ、失敗を引きずらないで前向きになるヒントを得た感じがありました。

「素晴らしいことを教えてもらった、社員の肩の荷を降ろしてあげられるかも」と思い、この講演をきっかけに、ワールドユーの会員になることにしました。
実は、私にはもう一つ行わねばならない、大切な事がありました。それがここだったら上手く行くかもしれないと思ったのです。

事業継承のために学びたい


ワールドユーに行きたいと思った1番の目的は、事業継承です。
他の印刷会社で5年間修業した息子が2012年からうちに戻って来たのですが、とにかくお互いにコミュニケーションがうまく取れていなかったのです。

息子は「会社を改革しなくちゃ」と入社してきて、実際、会社の中身を見ると色々なことに疑問を持ちますよね。そして、修正しようと彼は彼なりに頑張っている。
息子に任せている部分もあり、どうしても考えを伝えたくて、いざ話をしようとすると気持ちが通じない。お互いに感情的になってしまう。

私が意見を言うとバーンと反論が出てきてしまうし、息子からすれば「親父は何で口を出すんだ」って感じですよね。
そんな訳で「今の会社をどう変えていくか」ということも、2人でじっくり話したこともなかったのです。

「事業継承への道を探し始めた」

私は現在63歳ですが、前々から65歳で事業継承をしたいと言っていたのです。
けれど、事業をバトンタッチするにあたって、幹部の育て方も分からない。
事業継承といっても自分は親が死ぬということで戻ってきた訳で、親から何か指導を受けたこともない。教えてもらったのは「お客様を大切にしろ」ということだけ。

そこで、事業継承というものを、ワールドユーで役員・幹部と一緒に学べたら、できるんじゃないかなと思ったのです。
私は昔から、数多くの研修会や中小企業大学校など、ありとあらゆるものを受けましたが、「私が求めているものと、ちょっと違うよな」って、ずっと思っていたのです。
けれど、ワールドユーの講演内容は、ちょっと今まで聞いたことがない様な内容で、「これだったらいけるかも」と強く思ったのです。

「私が半年間まず先に行く。私がいい経験をしたら、入ってきてくれよ。」と、息子と高橋常務に言って、ワールドユーの会員になりました。

自分は変わるも、社内には風は吹かず


最初の1年目は、「コミュニケーション技術のスキルを身に付けよう」など、テクニック的なことを中心に学びます。
メタコミュニケーション(メタコミ)というんですが。
そのなかで「人と自分が違っていいんだ」という学びがあるんですね。

「福島でのメタコミュニケーション研修」

それまでは、社長として「社員と自分の違いがあっちゃいけない」と思い込んで違いを認められませんでした。
私は「社員は私の言うことを聞いてくれない」、社員も「社長は私の言うこと聞いてくれいない」とお互いに思っている訳です。
それって、自分の興味を持っていることと相手の興味を持っていることが違うのだから、当然そうなりますよね。

「違うんだけど、それで良いんだ」ということをメタコミで学びました。
今まで経営者としてやってきたんだけれど、そんなことは全く考えたことがなく、「へー!」って思いましたね。

「みんな違っていいんだ!社員たちと楽しく学ぶ」

だから、息子と話すときも「違っていいんだ」ということをベースに、初めて話すことができました。
それまでは「違ったらいけないんだ」「こいつは私と同じ考えになってくれなきゃ困る」と指導するみたいな形になってしまっていたのです。
これはよくないですよね。お互いに張り合うことになってしまうから。

社員との話し方も、今みたいにゆっくり話さなかったですからね。
自分がいっつも焦っていて、「この会社を何とかしなきゃならない」という思いしかありませんから、自分の思いをぶつけるように、ガガーってしゃべっていたのです。
社員にとってはいい迷惑ですよね。
そんなことも知らず、私が勝手なことばかり言っているので、社員も辞めていく訳です。
自分で自分の会社を壊してるみたいな感じですね。

相手を認める、ゆっくり話すということを実践するなど、自分は少しずつ変わっていったのですが、幹部や社員とのコミュニケーションは、まだまだ上手く取れません。
実際、どこからどの様にすべきかを苦悩する日々でした。

幹部との意識の統一ができた!


私が参加したただけではやはりダメだと思い、林常務と高橋常務にも半年後の2017年4月に、ワールドユーに入ってもらいました。
そして、その10月に、屋久島のモッチョム岳に登るという研修合宿に3人で参加しました。チームビルディングを目的とした研修です。


「幹部と登った屋久島モッチョム岳」

きつかったですね、山登りが(笑)。
後から聞いたところによると…。
息子と高橋常務は私の後ろを歩いていて、
「社長、大丈夫かな。60にもなってこんな経験をして」と心配したり、
「でも、けっこうやるわ」と評価したりしてくれていたらしいんです。

4日間の研修で、色々なワークをやっているうちに、「自分がほんとに大切な社員のことを知らない」「社員とのコミュニケーションが不足している」ということに気がつきました。
そして最終日の前日、ホテルのロビーで3人で初めて夜中近くまで膝をつきあわせて話し込みました。

「私と息子と常務、3人の意識が統一された」

「社員のことをわかっていない。もっとコミュニケーションをとらなきゃ。」
「自分たちも3人で話をする機会をつくろう。それをやらないと会社が良くならないよね、やっぱりチームだよね。」
こうして3人の意識が統一されました。

4日間の研修で息子と高橋常務に支えられている事に心から感謝する気持ちが湧いてきました。
そうすると、私もそれまで身に付けていた鎧をどんどん脱いでいくわけですよ。
今では、無防備に近い状態。普通になってきたかな。

このように私と息子と常務との関係性は良い方向に向いていきました。次は社員との関係です。

「ありがとう。感謝でつながる絆」

社員が愛おしくなった!


社員については、「社員よりも常に指導的な立場にいなければならない」という思い込みが私は強いんです。また、社員と一緒にいると、なんとなく虚勢を張っていたように思います。

こんなこともあって、どちらかというと、社員と話すきっかけを失っていたような感じですね。最終的にジャッジを出すのは社長の権限だけど、実行し成果を出すのは社員です。
社員の事を良く知らなければならない、ワールドユーの研修でとてもよく分かったんです。

「虚勢をはっていた自分に気が付いた」

そこで、社員の幸せを実現するためにお互いにフラットな状況で、話せるしくみを研修で学んだ「1 on 1ミーティング」を行う決意をしました。
週に1回、時間をとって、仕事の事でなく「ビジョン」「健康・家族・学び」をテーマに社員一人一人と1時間ずつ話すということを始めました。
半年かかって、社員50名全員との面談が終わりました。

驚きの連続でしたね。
「えー、この人はこんな人だったの?」「こんな優秀な人がうちにいたの?」
という感じで、大きな発見もありました。
それまで、社員のことを知るチャンスがなかったのです。

また、1時間の会話によって、壁がだいぶ取れました。
社員一人一人の家族の構成、やってきたことなど人生のバックボーンを知る、私も会社や仕事に対する思いや自分の個人的なことを話す。
社員も「社長ってそんなこと考えてるの?」と感じたと思います。

半年間、社員全員との面談が終わった瞬間、社員がとても愛おしくなったのです。
もっと言えば、社員のことを大好きになっている。自分でもビックリしたのですが…。
それは実践してみないと分からなかった。

それまでは「社員が幸せになって欲しいんだよね。」と落ち着いて伝えることができなかった。そんなことを言ったら、勘違いされると思ってたから(笑)
今では堂々と言っている。「みんなのこと大好き!」と。

こうして、幹部、社員との関係性が良くなり、あとはこれが仕事に反映していけば会社としては鬼に金棒になりますよね。

「社員全員と心をつないでいく」

社内の風向きが激変!


「仕事は、苦労して汗流してやるもんだ」と、普通は思っているじゃないですか。
それが、今までの我々の通例ですよね。
私もワールドユーに来るまでは、「会社をよくしなきゃ」という思いばっかりで、自分と戦って、社員と戦って、仕事とも戦って…。もうヘトヘトでした。

ところが、ワールドユー研修では、「仕事は辛いものじゃない」って教えられるんです。
「仕事は楽しくやるもんだ」「もっと明るくなんなきゃダメじゃん」
「楽しく明るくやることによって、利益は後からついてくる」
だから「仕事は楽しく楽にやろう」と言われるんです。

「仕事も学びも人生も楽しんでいこう!」

初めはなかなか理解できなかったのですが、今では、社員と一緒にニコニコできる会社をつくっていければいいなと思っています。
社員が幸せで安心して働ける会社、お客様に貢献し明るい会社を作ることが私たちの目標です。

こうした幹部との学びや社員との面談の結果、社内の風向きが大きく変わってきました。
社内の雰囲気が良くなってきたんです。

私はなんかニコニコしてるし、気軽に話してる。息子や常務は、ワールドユー研修の翌日は、なんか明るくなって出社するんです。
そうすると、社員たちも話しやすくなりますよね。
こうして、私たちの対応がちょっとずつ変わり、社員もそれを感じ取っていたのだと思うんです。
学びが少しずつ生きてきた気がします。

「ワールドユーの仲間と共に」

例えば、各課チームにより社員自らが取り組む5S活動。
5Sというのは、整理・整頓・清掃・清潔・躾(ルールを正しく守る習慣)のことで、職場環境を改善するための活動です。
3年前からやってはいたんですが、特に昨年から、社員の意識が変わり、スタート時の平均約30点が現在は平均80点、結果もメキメキ変わってきました。
「やらされ感」じゃなく活動しているせいか、社内がきれいになったのはもちろん、気がついたら意識が変わり仕事効率も上がりました。

「社内に元気な風がふきはじめた」

学びをさらに深め、夢の実現を!


ワールドユーでの3年目の研修は、エネルギーの話。
「温かさでしょ、明るさでしょ、光でしょ」という話になっていて、「温かくて、明るくて、光があるところで仕事をすれば、みんなニコニコして仕事できるよね。結果、よくなるよね」というのをワークの中で学んでいるんです。「ほんとにそうだな」と社員と話をしてみて実感しています。

「明るい光にむかって楽しく進んでこう」

私には、社会貢献をし、幸せを広げたいという夢があるんです。

ロータリークラブの会員や商工会議所の議員でもあるので、さまざまな場面を使いながら、自分が変わってこれたことを伝えていきたい。
そうして、悩んでいる経営者の心をなごませるなど、少しでも役に立ちたいと思っています。
どの会社の経営者もみんな同じ悩みを抱えていますから…。

今は、それをどのような形で伝えるかを学んでいる最中です。
しっかり学び、夢の実現に向かって邁進していきたいと強く思っています。

「幸せをひろげたいという夢に向かって」



最後まで読んで頂きありがとうございます。
感謝!




いかがでしたでしょうか?


私たちは「考え方をシフト」することで、幸せな人生を実現した経営者を、多くの方に知ってほしいと思っています。

考え方をシフトするのは、難しくもあり易しくもあります。どんな点がポイントになるか、

・ 講演会に参加してみる

・ メルマガを読んでみる。

・ 次のヒーロー物語を読む。

3つの方法をご用意しました。


● 講演会

今後の講演会や勉強会のご案内です。経営者本人の肉声が聴ける、貴重な機会になります。



● メルマガ、お問合せ

メルマガ登録、資料請求、無料体験会、お問合せは、コミュニケーションページでどうぞ。



● 次のヒーロー物語

他の経営者がどんな軌跡を辿ってきたのか、全メンバーのヒーロー物語がここにあります。






PAGE TOP