HERO'S CLUB 企業ドキュメント ~人生と仕事の繁栄~

人と真剣に向き合う時、世界が変わり始めた!



株式会社S.T.S 専務取締役 平井 迅 氏


S.T.Sさんは、もともとは平井迅氏のお父様である社長が劇団員の方を集めてつくられた会社です。
平成2年創業で、来年30周年を迎えられるのですが、それと同時に、社長に就任される平井迅氏。
28歳のときにS.T.Sの正社員になられてから、さまざまな葛藤や苦悩があったそうです。
しかし、現在はそれを乗り越え、さらなる飛躍に向けて邁進なさっています。

社風は自由、ただし社会常識がない

社長である私の父は、劇団を主宰してずっと役者をやっていて、私が中学生になるまで、今の会社のような清掃会社でアルバイトしながら生計を立てていたんです。
アルバイトをしながら、役者をし、子供が2人いて…という感じですね。

そして、父はあるとき、自分で同じ様な会社を起業したのです。
周りに食べられない役者がいっぱいいますから、その人たちを雇って…。

だから、社内には「夢を追いかける人を応援したい」というスタンスがずっと根付いているんです。例えば3ヶ月休んでてもまた同じ給与体系から戻れる、アルバイトでもボーナスがあったりするという形が今でも続いています。

けれど、そういういい面が残っている反面、社会人生活の経験がない社員もいっぱいいますから、普通の会社にある“常識”というものがあまりないまま、きちゃったんですね。
例えば、電話の対応の仕方や名刺の渡し方とか、何にも常識がない、自由すぎるから一般論が通用しない、という感じで…。

「自由な社風。でも社会常識とかわからなかった。」

受注すればするほど、社内で孤立する?

私は高校時代バンドをやっていてそれを続けたかったので、卒業後は、アルバイトをしていました。父の会社だったり、他のところだったり、転々と…。
なんせ、当社はいつ戻ってもいい会社なので…(笑)。

そして、28歳のとき結婚したのですが、それをきっかけに当社に正社員として入社しました。その当時は、営業部というものはなくて、社長と常務の2人が営業を担当していました。そんななかで、「営業をやれ」と言われたんです。

何も教えてもらえず、いきなりお客さんを訪問したので、最初は営業に苦労しました。けど必死にやっていくと、何とかなるものなんですよね。もちろん苦労は様々あったのですが、楽天家なので営業は難なく乗り越えられました。

2年目以降も、毎年のように売上げが伸びていき、ようやく自分の立ち位置ができて、営業の面白さも感じるようになりました。その後、営業部長となり、私一人しかいない営業部でずっと営業を続けていたんです。

営業自体は順調でしたし、会社への貢献という面でも、高く評価されるべき内容でした。ただ社内では次第に、孤立するようになっていったのです。なぜかというと、私が仕事を取ってきても、社内でやる人がいなかったからです。

常務の方は、注文を取ってきたら自分のチームでやります。注文が仕事に繋がりますから、そこには一体感が生まれます。私の方はというと、注文を取ってきても、仕事は協力会社さんにお願いすることになります。

せっかく仕事があるのに、社内ではできない。会社の業績を良くしようと、注文を取ってくるのに、それが成果として実感できない。こんなことで本当に良いのだろうか、と考え始めてしまいました。

「私は一人ぼっちだ・・・」

頑張れば頑張るほど、社内で孤立してしまう。これは本当に辛かったですね。

さらに深まる、社長・常務との溝

そんななか、私の方は利益がかなり出ているはずなのに、会社全体では利益が出ていないという状況に陥りました。
私の方は外注に出すので利益がシンプルに出ますよね。だけど、常務の方は利益があまり出ないので、そっちに利益を回すという形になっていたのです。
この常務というのは、私より1歳下で、22歳のときに正社員になり、社長に丁稚奉公のように仕え、当社の10期目~20期目を革新的に変えていってくれた人です。
そんなことから、社長も息子のようにかわいがっていて、私との親子関係よりも絆が深い感じですね。2人はタイプが似ているんです。守って石橋をコツコツ叩いて渡るタイプ。
私と常務は仲が悪いわけではないんだけど、考え方とやり方が違うから、対立する形になってしまうんです。「会社をよくしたい」という方向は同じなんですが…。

社長や常務は、売り上げ重視主義。
でも、私は利益重視主義。そうしないと次のステップに行けないですよね。
まず、そこに考え方の大きな違いがありました。

そして何よりも、社長や常務は、昔からの料金体系を変えようとしないんです。
「みんなの給料は上げているんだから、料金を上げないのはおかしくないですか」「だから利益が下がってるんですよね」って私が言っても、社長や常務は「この金額でいいんだ」って言うんです。
ちゃんと取引先と交渉して、利益が出るようにすべきなのに、そういうところに目が回っていかない。

私がちょっと高い金額で仕事を取ってくると、「それは取りすぎだよ」とさんざん責められる。その利益がないと会社が回っていかないのに…。
自分の中で想いがうまく分かってもらえない、という思い込みがどんどん膨らんでしまい、そこらへんから、社長や常務との間に大きなひずみというか溝ができました。

また、そのことについて相談する人や理解してくれる人が私の周りにいなかったんです。
社内には、私が入れた社員が何人もいるのですが、全部、常務の部下になってしまっていたので、話をしても「そうだよね、大変だよね。だけど、ボクの口からは言えない」というような感じで…。
「なんでわかんないんだろうな、話しても全然伝わらない」と、さらに孤立感も高まっていました。

ただ、そのときは、それほど大きな問題とは思っていなかったんです。
今、思えばかなりのストレスだったはずなのですが…。

その当時は、利益を確保する人たちとか、そういう世界を知らなかったので、
「うちの会社はこういう会社なんだな」「まあ、しょうがないか」と。
自分ではどうすることもできないから、とりあえず、自分は利益を出るように頑張るしかないか、と考えていました。

好転のきっかけはあるも、孤立感はさらに深まる


ワールドユーアカデミーの会員である株式会社アイムの山口哲社長が、もともと私と同じバンドメンバーで18歳のころから知り合いだったんですね。
 
ある日、山口氏が「今度研修あるから来て」と言ってくれたので、「誘ってくれたから、行かなきゃいかんか。とりあえず聞いてみよう」ということで行ったんです。
だけど、その当時の自分が抱えている問題とワールドユーの関連性がきちんと理解できず、「大事なことなんかもしれないけど、ちょっといいや」「まだ、そこまで踏み込めないな」と思い、お断りしたんです。

その1年後ぐらいに、もう1回タイミングがあって山口氏が誘ってくれたんです。
ちょうど、“溝”に気づいていた状態のときで、山口氏が「ここだったら、経営者のことを理解してくれたり、会社をよくする仕組みを教えてくれたりしてくれるよ」と言ってくれたので、「そうなんだ、とりあえずやってみよう」と思って会員になることにしたのです。

「会社をよくする仕組みを学びたい。」

本来は経営者クラスの方に入るべきだったんですけど、最初は幹部クラスの方に入りました。優秀な幹部さんの中にまじって、様々なことを学びました。

でも、その1年間は、自分としては真剣に学んでいるつもりだったんですが、はたから見たら、「この人は遊びに来てるんじゃないかな」と思われるほど、真面目さとか謙虚さとかが見えない人だったんじゃないかな…と思います。

ある意味、非常識な会社に所属しているものですから、自分自身にあまりルールがない。
だから、まず、きちんとセミナーに行けない、例えば、遅刻したりとか…。
その当時は現場に行く機会も多く、セミナーの日の朝、アルバイトが休んだため、急遽現場に行かなくてはならなくなった、といった諸事情があったりしたんですけどね。
だけど、そんなことは、周りにしたら言い訳にしか聞こえないわけです。
今からすると、自分自身に甘かったな、と思っています。

そして、社内では、ワールドユーで学んだことを言葉で伝えようとするんだけど、それがうまく伝わらない、という状況が続きました。

「学んでいるつもり。でも上手く伝えられない。」

例えば、コミュニケーションを学んだとき、「お互いよく理解することができれば、気持ちがよくなったり、楽しくなったりする。そうすると、好循環になるから、きっと会社がよくなるんだろうな」と思い、一生懸命コミュニケーションを取ろうとしました。
でも「言ってることはわかるんだけど、そういうことってできる人とできない人がいるからね」「人それぞれだよね」と否定的な話で終わってしまう。
 
何かやろうとしても「そうは言ってもそんなうまくいかないでしょう」「また、変なことを言ってるよ」と言われ、一対全員という感じがあったんです。
言ってもわかってくれない、浸透しない、誰も認めてくれない…一人でずっと戦っていた感じですね。

本気で臨むべきだ! ~転機となった屋久島合宿~


そんななか、内省内観を行う統合ワークという合宿研修が屋久島でありました。それが大きな転機となりましたね。

「屋久島の自然の中で過ごす5日間。」

この研修は、自然の景色や空気を感じながら心を穏やかにし、「自分とはどういった存在なんだろう」と自分を見つめ直すものです。
日常の世界から抜け出して、会社とは遠く離れた別世界で行います。仕事から離れないと自分に集中できないですからね。

「仕事から離れてはじめて自分と向き合う」

全部で5日間あるのですが、最初は落ち込んでしまいました。自分のいやな部分を見つめるようで…。

でも内観を進めるうちに自然と心が静寂になり穏やかな気持ちになっていくのです。そこで、自分の弱さや情けなさに気づきました。

友人から常務との関係性を聞かれると「うまくいってるよ」と口では言うのですが、結果的には行動に移してない。見えないところでは何とでもいえるので、うまくいっていないことを隠して逃げていました。今思えば真剣に向き合ってこなかったのだと思います。

「社長はこうだから」「常務がこうだから」「社員がこうだから」…。
相手のことをそうやって思いこんでいるから、相手のことを思いやる一言が出せなかったんだ。
「どうせ聞いてくれないだろう」と決めつけて、自分の中で逆に壁を作っていたのではないか。
結果的に溝をつくったのも自分だし、溝を埋めなかったのも自分。もっと自分ができることがあったのでは…と。

「屋久島の森に癒されながら」

そうやって自分の弱い部分や常務との関係を見つめなおしていくと一つのワードに出会いました。

「卑怯者」

この言葉を自分が認めたときに身震いをし、腹が立ち、悔しくてたまりませんでした。

「このままで本当に会社が良くなるのか」「従業員が幸せになれるのか」そう思ったときに「このままでは終われない」「まだまだやれることはたくさんある」と思いワールドユーに本気で取り組む決意をしました。

セミナーに朝行かないとか、行けないというのも本当によくないな、と思いました。それからはセミナーを第一に考え、当日は一切の業務を外すようにしました。

「このままでは終われない。真剣に学びはじめた。」

そのようなことに気づけて、「今、すごいことを学んでいるんだな」って実感したんです。
セミナーに参加している間は、「なんとなくわかる」って感じの方が強かったんですが、ここで一気に「あー、そうか、そうやってずっと私は逃げ回っていたんだ」と自分を認めることができました。
そして、次のステップに行こうと思ったんです。よりよくなるために学びたいと…。

自分は変わった、しかし会社は変わらない!

そんなわけで、自分自身の考え方は劇的に変化したのですが、そう簡単には会社は変わりません。

変えたいけど、自分の力では無理だと感じていたので、まず思ったのは「会社のメンバーみんなで学べるようにしたい」「みんなで精神を整えていこう」ということです。

「ヒーローズクラブ経営者の仲間と共に」

ワールドユーに行くと、そこにいる人たちにみんな引っ張られるんです。言葉遣いとか、たたずまいとか、人への思いやりとか…。
また、温かい笑顔やキラキラした目を見てると、エネルギーをもらえるのです。

そして、何よりも常務と分かり合いたい…。だから、常務と一緒に参加してやっていこうと思いました。
とは言っても、常務は「毎月2日、会社を空けるなんてありえない」などと否定から入っていくわけです。だから、徐々にワールドユーの研修に行ってもらい、私が学んでいることは何なのかを少しずつ理解してもらうようにしました。

「人の違いが分かれば、こんなにも楽に寄り添える」

そんな中、自分自身にとって2度目の統合ワークがあって、そこでまた気付くんです。
自分が具体的にやってきたことが前に進めているかというところに不安が残る。だから、学んできたことをきちんと形にしよう、と決意しました。

ついに理解者が現れた!

2度目の統合ワークよりも少し前のことですが、私にとって、また、会社にとって素晴らしい大きな“ご縁”に恵まれました。
ワールドユーの幹部クラスで一緒に学んでいた重松氏が、諸事情があって会社を辞め、私のところで働きたいと履歴書を持ってきたんです。

ものすごく嬉しかったですね。もともと一緒に働きたい人だったんですよ。明るくて楽しくて、私からみたら“素敵な兄ちゃん”。
それでだけでなく、スキルもあるし、理解度も高いし、言葉も巧みだし、バリバリ営業できるし、人をまとめる力もあるし…私からすると、そうとう優秀な人です。
なのに、「まずは現場から働きたい。待遇面も一番下からやらして欲しい」という条件まで出して、応募してくれたのです。

私はすぐ「確実に、うちの会社の未来にとって必要な人材だから」と社長を説得して、その日のうちに入社してもらうことを決めました。

「仲間がいるって最高に幸せ、ありがとう!!」

ワールドユーの精神を知っている人が、会社に入って来てくれる、やっと仲間ができた!…ということで、相当嬉しかったですね。
そんな“ご縁”ができたことにも感謝しました。

満を持して、非常識に勝負する!

2度目の統合ワークの後、すぐに社内改革に動き出しました。
まず、利益構造の明確化を図るため、会社の中身を2つに分け、2部制にしたのです。

社長や常務がやってきていることが会社にとって「正」だとしても、利益が出ていない。このような原因を特定しないと改善の余地がない。
だから、利益がどういう構造になっているのかを明確にしようと考えたのです。

自分のお客さんと常務のお客さんはしっかり分かれているので、そこにそれぞれ人員を配置して、2部に分けました。
その際、私の方が有利になる人選を絶対にしてはならないと思っていたのです。
だから、新人が入ってもうまく育てられない人や精神的に下がってしまっている人など、ちょっと実質的に問題があるメンバーを全員、私の方で抱えました。プラス重松氏を含む新人2人。
常務の方は、仕事がガンガンできる人たちばかり。
この人選にみんな驚きましたね。
 
でも、そのようにしたため、2部制にすることに対して大きな反対はなかったです。
むしろ、社長は「この人選でほんとに大丈夫なのか」「向こうのチームとだれか入れ替えた方がいいんじゃないのか」と何度も言ってきたぐらいです。

私には、この人選でうまくいくという自信がありました。
いいところがあるのに、周りからするとできないと思われるのは非常に可哀想だし、人材自体がもったいない。苦手なことをやれ、ではなく得意なところを伸ばす。そうして、みんなで助け合って、楽しいチームが作れると思っていたんです。

「得意なことをどんどん伸ばしていこう!」

凄いチームが誕生した!

まず、チーム全体(8人、うち社員6人)が明るくなるような仕組みをつくりました。
それは何かというと、とにかくコミュニケーションです。

私自身が、面談、相談事をしたりする時間を設けて定期的に対話し、今本人が抱えている問題や会社に対する思いなどを随時把握するようにしました。

そして、全員がそれぞれ抱えている問題や欠点を全部オープンにするようにしました。陰でいうのはいくらでもできるし、どんどん悪い方向に行くじゃないですか。そういうのはうちのチームでは禁止です。

さらに、それぞれが抱えている問題に対して、じゃあどうすればその問題を解消できるだろうと、みんなで議論するようにしました。
例えば、Aさんは新人に優しくできない。新人は仕事ができないのが当たり前。だから、その他の人がサポートすれば、Aさんも新人も落ち着いて気持ちよく仕事ができるのでは…といったように。

また、月に1回ミーティングをし、その後、懇親会をするというのを定期的に続けています。こんな形で、お互いを認め合ってずーっと話をしているから、チーム全体の雰囲気がとっても明るくなりましたね。

他のチームが仕事が終わってすぐ帰っても、私のチームは帰っていいのに、いつまでも会社にいるんです。楽しいからしゃべってる、ずっと笑ってる。そして、明日のために、だれかのために何かをする…。
こうして、みんなが幸せに過ごせる、小さなアーキテクトをつくることができました。

「ずっとみんなで喋って笑って、誰かの為に何かする。」

コミュニケーション以外では、他の会社では当然にやっている朝礼を始めたり、1か月のスケジュールを組んで電子化したりしました。それまでは、前の日の夕方にならないと、明日仕事があるのかないのか分からない状態でしたし、スケジュールも全部、紙の上で組んでいました。

やろうと言っても動かない人には自分からどんどん始めていって、「良くなったよ」と実績を見せるようにしたんです。

みんなと一緒に、飛躍したい!

このような改革を進めた結果、当初の目標である利益構造の明確化は果たせました。今現在、私は常務のチームの人たちと、面談を行っているところです。成功例を全社的に広げていき、より楽しい会社にするのが目標だからです。

これまでは常務と分かり合いたい、といつも思っていましたが、自分の考えに固執してなかなかそれができず、苦悩の連続でした。ただここに来て、道が拓けてきたと思います。

「常務と一緒に過ごした屋久島合宿」

私が考え方を変えられるようになり、実際の行動も変化した結果、少しずつ常務と深く話し合うことができるようになったのです。

対立ではなく考え方を合わせることで、だれもが幸せになる会社を作る。それでさらなる飛躍ができるのではないか、と確信しているところです。

「力を合わせて幸せな会社を作っていくんだ!」

人と真剣に向き合う、それが私の財産です。

最後になりますが、私は一つの財産を得た、と思っています。それは「人と真剣に向き合う」ということです。

経営者である以上、数字は大事です。数字が立たなければ、全てがダメになります。それは厳然たる事実ですが、同じくらい大事なことがもう一つあると思うのです。

「会社を越えたヒーローズクラブの仲間」

それは人を幸せにすることです。人を幸せにすることが、企業の存在価値ではないでしょうか。人との関係性がうまくいかない中で経営を続けても、仮に業績がどれほど良かったとしても、何かが違う気がするのです。

私は自分自身の弱点に気づき、会社を改善することができました。一つのご縁がきっかけとなりましたが、とても恵まれた環境にいると思います。ここまで来れたのは、私を支えてくれた多くの従業員のお蔭に、他ならないからです。

最後にこれまで支えてくれた全ての方へ、お礼を申し上げ、この文章を締めさせて頂きたいと思います。
 
ありがとうございました。



最後まで読んで頂きありがとうございます。
感謝!




いかがでしたでしょうか?


私たちは「考え方をシフト」することで、幸せな人生を実現した経営者を、多くの方に知ってほしいと思っています。

考え方をシフトするのは、難しくもあり易しくもあります。どんな点がポイントになるか、

・ 講演会に参加してみる

・ メルマガを読んでみる。

・ 次のヒーロー物語を読む。

3つの方法をご用意しました。


● 講演会

今後の講演会や勉強会のご案内です。経営者本人の肉声が聴ける、貴重な機会になります。



● メルマガ、お問合せ

メルマガ登録、資料請求、無料体験会、お問合せは、コミュニケーションページでどうぞ。



● 次のヒーロー物語

他の経営者がどんな軌跡を辿ってきたのか、全メンバーのヒーロー物語がここにあります。






PAGE TOP