HERO'S CLUB 企業ドキュメント ~人生と仕事の繁栄~

京橋白木株式会社 萩原 利之 氏


 


「三代目社長に倅を頼むと期待された」
その思いに感動し歩み続けた。
役職を越えて仲間として過ごせるチームへの道。


平成8年8月19日、私が京橋白木株式会社の社員となった日です。
当時35歳の私は、数社の転職を経て京橋白木の社員となりました。

就職するにあたって、重要な価値観は安心して長く働く事です。
子供はいなかったのですが、妻との生活があり転職を繰り返したくない、と言う思いが強くありました。

飲食業界の事はあまり知らなかったけれども、人が生活する上で決してなくならない飲食店がお客様で、配送営業という何となく固定客廻りの安定した仕事のイメージがあり、長く続けられるだろうと勝手に決めつけて会社の門をくぐりました。

当時は私が一番若い社員でした。
皆さんが一所懸命に指導をしてくれたのですが、かなり雑な教え方だったと思います。
道も分からないままに現場に放り出されて、右往左往したことを思い出します。
伝票も見積書も手書きで、年末の繁忙期などは家に持ち帰って書いていたものでした。
そして、何度書き直しをしたことか分かりません。

私は字を書くことが苦手でした。
特に見積書は書く量も多く、少しでも間違えると書き直しが苦痛だったので、個人のワープロ(オアシス)を持ってきて使っていたくらいです。
しかし、周りは年配の方が多かったのでITの風は全く吹かずに、ひたすら手作業で行っていました。
過去の売価は台帳をみて調べ、伝票を書いていました。

その頃思い出すのは、入社3年目くらいだったでしょうか。
当時の上司は私がやってきた仕事を全て否定するような指導方法だったので、毎日がとても辛く憂鬱な日々でした。

朝起きるたびに少しずつ心が重く固くなり、何度も自分に「明るい未来を考えよう、気にしないようにしょう」と言い聞かせても、目の前で否定的な言葉を使う嫌な上司の事が頭から離れません。

今ならリーダーシップの研修に参加して人の違いを学んだりしたので、批判的な言葉の向こうに部下を成長させたいという思いを感じる事が出来るのですが、当時の私には全く理解できませんでした。

そしてある日私の中で、繋ぎとめていた糸が切れるように「もうこの上司の下では続けていけない・・・」と決断しました。

 

家に帰ってから、妻に自分の決断を報告した時に、自分が情けないと言う気持ちからでしょうか、涙を流しながら「申し訳ないが、会社は退職するので暫く我慢してくれ」と話していました。
辞めたくて辞めるわけではないのです。
この辛い現実を抜け出す選択肢が、他になかったのです。

やめるしか方法がない・・・

妻からは「そんなに辛いのならば、他の会社で活躍の場を探したら」と言ってもらえました。
どんな時も私を信じて応援してくれる妻に、申し訳ない気持ちと感謝と涙しかありませんでした。

翌日、私は会社に辞表を提出したのですがその日の夕方だったでしょうか・・・その頃、体調があまり優れずに休みがちであった三代目社長が出社されました。

そうして私を会社の近所の居酒屋に連れて行き、私に対して大変期待している事を話してくれました。
その話の中で「来年入る倅を支えてやって欲しい」と言われ、私の中で何かが弾けた気がしました。

体調の悪い中、私に寄り添い包み込むように話してくれる三代目社長。
まだ若い息子たちを思う父親の気持ちが私の心に届いてきます。
男同士だから感じる何かがあります。役職を超えた思いです。

騒然とする居酒屋で拡がった静寂な空間の中、そこまで私に対して信頼し期待をしてくれるのなら、もう一度やり直してみようという気持ちに変わっていたのです。

 

「社長が私に期待して下さる気持ちが本当に良く分かりました。もう一度頑張ってみます」と私が伝えた時の社長の、そして父親の笑顔は今も決して忘れません。
私の人生の中でも一度出した辞表を戻したのはこの時が初めてでした。

その後、四代目社長が入社してきました。
私の念願であったIT革命を、先頭に立って行ってくれました。
2年後には弟である専務も入社しました。

暫くして三代目社長の突然の急逸があり、四代目社長の時代となりました。
社長となり舵を取り始めたころは、とてもがむしゃらだったと思います。
必死に業績を伸ばす事が、自分の役割のように懸命に走り続けていました。
そのかいもあり、飛び込みで開拓したお客様が好調で、怒涛の出店ラッシュがあり、それに合わせて業績も好調に伸びていきました。

2011年に社長が「もっと飲食店のことを知りたい」と言って飲食の会社を立ち上げることを話されました。
私も当社のターゲットである飲食店を内部から知ることで、もっと色々な角度からお客様へ貢献できるのではないかと、大きな期待を寄せていました。

同年に飲食のノウハウを生かして、と貿易会社の立ち上げもありました。
しかしふと気付くと、飲食事業に傾きすぎている社長の姿がありました。
度重なる海外出張があり、会社への出社の機会も減っていきました。

社員の間からも「社長は京橋白木の仕事には興味がなくなったんじゃないか」と言ったような声が出てくるようになりました。
たまに会社に来れば数字の事、話す事は運営している飲食・貿易の事ばかりで、何か少し会社がバラバラになっていくような気がしました。

どこか遠く距離感が、纏まらない。

どこか遠くに社長が行ってしまったような感じでした。
思いは伝わらないし伝えようともしてくれない。
なんの為に社員がここにいるのか?
業績の為だけなのか?私達がここに必要とされている、信頼されているという繋がりを感じる事は出来ませんでした。

 

自然とみんなの心が離れていきその結果として、共に働いてきた仲間も一人二人と会社を去っていきました。

私はお客様が大好きでした。
お客様は私を信頼して何百万もかかる店舗のオープン案件を任せて頂けたり、お客様がお付き合いのある新たなお客様をご紹介してくれるなど、人との繋がりで仕事をする喜びを感じていました。

新しく入社する仲間にも、去っていった仲間にも「会社の中に楽しさを探さないで、お客様との繋がりの中で仕事の楽しさ見つけるように。」と説いたものでした。
しかし、一度辞めると決意を固めた人には通じなかったです。

私もその頃に第一線から徐々に離れていき、マネージメントとしての仕事に傾きだした頃でした。
まだ、その頃の社内は完全に個人営業の寄せ集めで、とても一体感があり皆で同じ方向を向いているとは言えない状況でした。
営業所でも、専務が常駐していたのですが、個々それぞれに纏まらずに人が離れていく中で、専務が一人で抱え込み葛藤している状況だったと思います。

2014年に営業所が江東区から江戸川区への移転をした頃だったと思います。
同じ時期に本社も事務所が手狭となってきたので、同じ地区内でしたが移転を行いました。
本社の移転をきっかけに事務の統一を図り、同時に専務も本社に出社するようになりました。
社長・専務・私と同じ部屋で業務を行う事になり、必然的に会議の機会も増えて行きました。

 

しかし、その会議の場では社長から矢継ぎ早にどんどん意見を求められて、応えられなくて下を向いていると社長から怒りのオーラがたくさん噴出して、とても辛い会議が続きました。
社長は思い立ったら即行動だったので、誰にも相談せず、私の知らないプロジェクトがどんどん進行していったことも多かったです。

会社も相変わらず個人営業の集団が続いていました。
もっとしっかりとした組織の基盤を作るために、飲食業界をサポートするスペシャリストだった方を社外役員として迎えました。
数年間はアドバイスをして頂きながら一緒に助けてもらっていたのですが、体調不良のために引退してしまいました。

しかし、事務の統一化を図ったことで少しづつではありましたが、事務も纏まってきた感じがありました。
印象的だったのがこの年の5月に、女子社員が当社で初めて産休・育休を取ることが出来ました。
まだまだ人材の流出もありましたが、また戻ってきてくれる人もいたりと、明るいニュースも出てくるようになりました。

そして社長が新規事業から撤退をしたのと合わせるように、京橋白木の経営に少し戻ってきたような気がしました。

その後からだったと思います、外部研修に目を向けるようになったのは。
社長も社員との間に感じる孤独感を超えて、自分が成長して何とか会社を良くしたいと色々模索しているような感じでした。
そして明らかに会社が変わってきたのは、ワールドユーアカデミーに出会ってからです。

これまでは一人走っていった感が強かった社長の歩調が、だんだん歩み寄ってきた感じがありました。
以前は3人で会議をしていても、すぐに意見の出ない我々にイライラしていたのですが、それが個々の思考の違いと分かるようになってからは会議の場も意見を言いやすい空気が漂うようになりました。

 

社長は毎月ワールドユーアカデミーに2日間通うのですが、研修あけは特に穏やかで話しやすいので「もっと行ってくれればいいのに」と専務とよく話していました。

さらに変化が現れます。
スケジュール一つをとっても私ですら見えない部分が多かったのですが、それが少しずつ、カーテンを開けて明かりが入るように、あたたかな日差しが入ってきたのです。

その後専務も私も、共にワールドユーアカデミーで学ぶ事になり、共通言語や体験が、どんどん増えていきました。

特に印象にのこった研修は、チームビルディングの為の屋久島・モッチョム岳への登山です。

 

私もこれまでは、登山といってもハイキング程度のものしか行った事がなかったですが、この研修での登山では、とても険しい道を3人が声を出し合って助けあいながら登っていきます。
社長・専務から「大丈夫か、頑張ろう!!」と声をかけてもらって、3人一緒に登頂できた時には、3人が一つになったのかなと感じた瞬間でした。

 

社長や専務にはわかりにくいかもしれませんが、社員にとって役職は関係なく人として、仲間として共に過ごす体験は本当に嬉しいものです。

振り返れば「三代目社長に倅を頼むと期待された」という思いに感動しただそれだけで、辞表を取り下げて今日まで険しい山を登ってきました。
しかし3人一緒に歩んではいませんでした。

私は話すのが得意な方ではありません。
だから上手く伝えられませんが、本当に3人で声を掛け合って登頂できて嬉しかった。
嬉しかったのです。

 

それからは会議の場も大きく変わりました。
まだまだ100%とは言えませんが、思ったことははっきりと伝えるようになって来ました。

 

3人の間だけではなく、リーダークラスの会議についても、本音を言える場を作っていくようになりました。

社長が参加しないでリーダーと幹部だけで本音を言い合って、会社を良くしていこうといった会議の場を設けました。
社長が参加してしまうと、やはり中々本音の部分が引き出せないだろうとの考えからでした。

これまでは、リーダーとの会議の場に社長が参加しないなんてことは一度もなかったのですが、リーダーもワールドユー研修の心の学習、人の考え方の違いを理解するという「メタコミュニケーション研修」を受けた後だったので、相手を理解して活発に問題点を出して、どうしたら解決できるかを真剣に話し合う事ができました。

 

お互いを非難するのではなく、前向きな意見が多く飛び交う会議になりました。
社長も本当は会議に一緒に参加したかったのか、初めの部分では立ち会っていましたが、名残惜しそうに帰っていきました。
ここに一緒にいたいんだな、そんな姿が皆に伝わってくるのです。

 

そうして、皆で「こうしていきたい」と言う事が次々に決まって、その結果を翌日に社長に報告したところ、とても嬉しそうな笑顔で報告を聞いていたのは印象的でした。

私自身もワールドユーの研修に参加するようになってから、自分自身がどのような人間なのかを知ることが、少しずつ出来るようになってきたと思います。
自分が分かれば、他人にも寄り添えるようになり、おのずと行動が変わってくるものですね。

私自身が変わらなければ、会社は変わらないと思います。
会社が良くなれば、お客様との関係も更に良くなると思います。
この関係を深める事で、飲食業界の発展に寄与できるようになると信じています。
そのためには、まずワクワクできる会社作りに貢献していきます。



最後まで読んで頂きありがとうございます。
感謝!


いかがでしたでしょうか?

私たちは「考え方をシフト」することで、
幸せな人生を実現したリーダーの事例を、
多くの経営者に広めたいと思っています。

考え方をシフトさせるのは、難しくもあり
易しくもあります。

どんな点がポイントになるのか、
メルマガでお伝えしていますので、
よろしければ、お読みになってみて下さい。

『奇跡の組織を創る』メールマガジン、無料登録はこちら



<大好評につき追加講演決定!>特別講演会 創業122年 激変の波を超える・株式会社京橋白木 2019年1月18日開催 詳細はこちら


インタビュー一覧はこちら


ヒーローズクラブ会社様 記事一覧

会社名をクリックすると、インタビュー記事がご覧いただけます。


受講企業様 記事一覧

会社名をクリックすると、インタビュー記事がご覧いただけます。



PAGE TOP