HERO’S CLUB 企業ドキュメント:京橋白木株式会社 竹下 茂雄 氏

京橋白木株式会社 竹下 茂雄 氏

兄弟だから父の死を超えて、見えた世界がある。

創業122年激変の波を乗りこなす
4代目兄弟の奇跡

「自分は何のために仕事をやっているのだろう?と、満たされない気持ちや焦りと独りで戦っていました」と語るのは、創業122周年を迎えた京橋白木株式会社の四代目社長、竹下茂雄氏。
東京都中央区八丁堀にて、飲食店向けの備品資材の購買代理業や、器を通じて飲食店の価値を上げる提案事業を展開しています。

今では当時の苦悩をまったく感じさせない快闊なエネルギーに溢れる竹下社長。
ここに至るまでには自分自身の中にある先代に対するトラウマや、社員との関係、弟である竹下雷太専務取締役との関係など、さまざまな課題を乗り越えてきたのだそうです。
その過程には何があったのでしょうか?

現在、竹下氏が社長に就任してから15期が経過。
売り上げは会社を受け継いだ時の2倍に。
グループ会社として新規事業も起ち上げました。

しかし、業績は好調でも竹下社長の心は「棘だらけだった」と言います。
「その理由の一つは、社員が次々に辞めていくこと。
ぽろぽろと誰かがやめていくという事態が長く続き、15年でほぼ入れ替わっているような状況でした。手を打とうにもやり方がわかりませんでしたし、そもそもなぜ辞めてしまうかもわかっていませんでした」

みんな楽しそうじゃなかった。向き合ってこなかった。

しかし「今ならその理由がわかります」と竹下社長。

「みんな仕事が楽しそうじゃなかったですし、当時の私は社員とまったく向き合っていませんでした。とにかく数字を優先し、売上や年収を上げるというところにずっと目がいっていました。社員のことを顧みることもなく、売り上げを上げて社員の生活を守ることが最優先で、社員の幸せなんて考えたこともありませんでした。社員とは一線を引くのが経営者として正しいことだと思っていたし、仕事とプライベートを完全に分けていたので、仕事以外のことは話題にもしませんでした。」

達成するにはある程度、犠牲は当たり前だと思っていた。

「さらに売上、成果を達成するためには自分の時間や家族との時間をある程度犠牲にするのは当たり前だと思っていたので“何でやらないのか?”と社員に詰め寄ることもありました。今ならそんなことを言われたら誰も相談しなくなるとわかるのですが」

弟の竹下雷太専務も当時の事をこう語ります。「当時、僕は営業所に常駐してたのですが、たまに社長が来ると、社員は怒られるのではないかと恐れて下を向いていました。

下をむいてあきらめているしかなかった

普段社員と関わることもないのに、たまに来てもつまらなそうな顔をして文句を言うだけ。少なくとも僕は、来なければいいのに・・・そう思っていました。

文句を言うだけなら「来なければいいのに・・・」

弟の僕でさえ、機嫌の良さそうなときを見計らって話すといった感じでしたし、みんなが社長の顔色を窺っていました。会社を辞めずに残っている人も、諦めているから辞めていないという感じだったのではないかと思います。」と心境を振り返ります。

会社の中に居場所がない

棘だらけの心を抱えたまま、竹下社長は飲食や輸出の子会社を起ち上げるなど、新規事業を始めます。
しかし、心が満たされることはありませんでした。
「やりたいことでビジネスを始めたはずなのに、楽しくない。今思うと、会社の中に自分の居場所なさを感じていたから、別の事業を起ち上げて、そこに逃げていたような気もします。」

焦燥感を抱えながら、必死で出口を探して・・・迷走していた。

そんな焦燥感を抱えながら、必死で出口を探していた竹下社長。
人が働く仕組みを学べば、きっと何か変わるのではないかと、経営コンサルタントの研修にも参加しました。しかし仕組みで人の信頼や、楽しさ、絆が得られることはありませんでした。

次に経営能力を上げるためにMBAのスクールにも通ったそうです。
学ぶことで知識は増えたものの、それを社員に教えようとすると、出来ていない事ばかりを指摘してしまう結果に。

「あれもこれもやらなきゃともがいていた時期でした。売り上げを上げてきたけれど、なんだか孤独で、むなしく、辛い。だからこそ会社を変えたくて、成長させたくていろいろ学んできた。せっかく学んだものを会社で実践しようとしてもうまくいかず、我ながら迷走していたなと思います。」

変わらないこの組織が嫌いだ。正直だけど本当じゃない・・・

次第に、“こんなにも自分は会社のために自分を犠牲にし思い悩んで努力しているのに、変わらないこの組織が嫌いだ”という気持ちが湧いてきました。
「これは正直な気持ちですが、自分が本当にそうは思っていないこともどこかでわかっていました。だから余計に辛かったのです。」
そんな中で竹下社長に転機が訪れます。たまたま参加したセミナーで、株式会社山崎文栄堂の山崎社長との再会でした。

2、3年前に会った時とは別人のような、穏やかで幸せそうな山崎社長がそこにいました。

「今までどの研修に行っても、自分から人に話しかけるような事をしたことは一度も無かった私が、気がつけば、穏やかで話しかけやすいオーラを放っていた山崎社長に吸い込まれるように話しかけていました。」

うんうん優しくうなずいて、親身に寄り添ってくれて・・・

そして山崎文栄堂のオフィス見学会に参加することになり自然に経営の悩みを打ち明けていました。
「山崎社長は、うんうんと優しくうなずきながら私の話を親身に聴いてくれました。とげとげして固くなっていた心が少し楽になったような気がしました。」

そこで山崎社長から「それは心の仕組みが、必要なんだよ」とワールドユーアカデミーに連れてきてもらったのが始まりでした。

「最初の3回くらいは半信半疑で、本当に自分や会社が変わるのか?と思っていたのですが、自分だけでなく、一緒に通っている弟や幹部、共に学んでいる仲間も研修で心の仕組みを学ぶことによって全員が確実に変わっていく様子をみて、これはどう考えても偶然ではなく再現性のある、ロジカルなものだと確信しました。」

時間はかかりますが、学んだことを、社長や幹部が率先して日々の業務の中で、言葉や行動で実践し、会社の中に安心安全のオープンな環境をつくることに取り組めば会社は自然に変わっていくし、経営者はすごく楽になると思います。」少しずつ経営者として楽になったと感じる中で、特に楽になった事は「会社を好きになれたこと」と社長は語ります。

私は夢や自由に対しても、
“生まれた時から自分の人生は決められてしまっている”
“自分の夢なんて誰にも聴いてもらえない”
“夢をあきらめるしかない”
“選択する自由は奪われている”
と思ってきました。

研修を通して
“自由とは職種の話ではなく自分がどのように今を生きるのかを選択できる力のことである”、
“夢とは何をするかではなく、人生の方向を示すものだ”
このことに気付き、どんどん視野が拡がっていきました。
そうして、すべての事には意味があるんだと、人生の意味を再定義することですべてを受け容れることができ、今は自分の意志で経営を楽しめるようになり、自分の会社が大好きになりました」

全てを受け入れ、自分の会社が大好きになりました。

人生のステージがシフトする事で、竹下社長の行動や環境もここ1年で驚くほど変化してきました。
弟である専務や社員と一体となってチーム意識をもって経営をするようになったのも大きな変化です。

そのきっかけとなったのは、チームビルディングの登山研修です。
幹部と共に屋久島の山を登るのですが、自然にお互いを助け合う経験ができました。
役職は何にも関係なく男同士の仲間でいられたのです。

みんなと一緒にサポートし合い歩けるようになりました。

さらにワールドユーアカデミーの研修の中で、先輩経営者や会社のメンバーに支えられ、仲間と一緒に取り組むことで成長が加速することや、皆のビジョンを一つにすることで“他力の風が吹く”という、助け合いの仕組みを学んだことでした。

「今は、周りを信頼して社員のみんなと一緒に歩けるようになりました」と竹下社長は屈託のない笑顔で語ります。

さらに深い絆で結ばれたチームをつくる大きなきっかけとなったのは、福島で開催されたメタコミュニケーション研修に、チームのリーダー10人と泊まりがけで参加したことでした。

人の違いがわかると、皆が一気に楽になった

研修の初日、学びを通して気が付いた自分の弱さと今までの想いや感謝を初めてメンバーに対して本音で話し、謝った竹下社長。

その日から、少しずつ自分が楽になって、社員との関係も大きく変わり始めたことを感じたそうです。

「自分の取り組みが結果として実を結んだことが本当に嬉しかったです。みんなもすごくいい顔をしていたのが印象的で、社内のエネルギーの高まりを感じました。“社員の中にも子供がいる家庭もあるしこれからは、どんどんお互いサポートできるような会社にしよう”と社員と話せるようになっていました」

弟の竹下専務も「今までの社長は、プライベートな事はもちろん、子供が生まれたことさえも社員に言わなかったし、社長の中に社員は社員だ、どうせわかってくれないと思い込みや人を寄せ付けない距離感があったので、社員も相当話しづらかったと思います。今は社長と社員の間の壁がいい意味で低くなっている気がします」と社長の変化を語ります。

先日、そんな変化を象徴する嬉しいエピソードが2つあったそうです。
一つは、以前はプライベートの話を一切しなかった竹下社長が3人目の子供が生まれた事を、とても自然に社内で報告していました。

子供が生まれたと、はじめて素直に報告していた・・・

今までになかった嬉しい変化でした。
そして社員からは出産祝いとして、サプライズプレゼントが。
気が付けば社長と社員があたたかく交流する社内へと変化していました。

みんなもすごくいい顏になって、チームになれた嬉しかった。

もう一つのエピソードは、竹下社長にとって大切なビジネスパートナーであり、公私共に一番仲の良かった恩師の先輩経営者が53歳の若さで急逝された時のこと。
その方の営業研修では多くの社員がお世話になっていました。

恩師は最後まで一番大切な気づきをギフトしてくれた。

社長は朝礼で泣きながら「苦しいけれど、やっていかなければいけない。恩師の方の会社も大変になるからサポートしてくれないか」と、社員に伝えたそうです。葬儀は休日だったにもかかわらず、「ぜひ手伝います。手伝えることは何でもします。」と、何人もの社員が駆けつけてくれました。

「そんなことをしてくれるんだと嬉しくて。社員を信頼し、弱音を吐けるようになったことで、本当に気持ちが楽になりました」と竹下社長。

自分の駄目なところも少しずつさらけ出すことができるようになり、今では社員も「しょうがないな、やってやるか」と助けてくれるようになるまでに変わりました。

それが自然体で出来るようになったのはワールドユーアカデミーの統合ワークという内省内観合宿を終えてからだったそうです。

自分と向き合えたから、社員を信じられるようになった。

「子供の頃から親父を見てきて、“経営者は自分の人生を犠牲にして孤独に耐えなければいけない“という父親の世界観に支配されてしまっていました。経営者はそのようにしか生きられないと思い込んでいたのです。だから自分がなかった。当時は次から次へとコンサルの話やMBAで学んだ事を、自分の考えのように「こうするぞ!」と言っていましたが、自分の言葉ではなかったから伝わらないし、自分の言葉でないからこそ、ひどいことを言ってしまったこともありました。その後に残るのは、辛い気持ちでした。

屋久島の大自然に抱かれて心の声を聴く。

なぜ自分の気持ちを言えないのか?
なぜ社員を信じられないのか?
それにちゃんと向き合えたのが内省内観です。

そこで、自分の過去を自分の力で再定義し“社員を信じていいんだ、弱みを見せてもいいんだ”と人を信じられるようになりました」

「なぜ人を信じられなかったのか」本当の自分と向き合えた。

内省内観は弟の竹下専務も真摯に取り組み長年の兄に対する負の感情を手放すことが出来たそうです。
「5歳くらいの頃から、両親の兄に対する期待を横目に兄への妬み、僻み、憎しみを抱えてきました。

「兄はいいよな」子供の頃のモヤモヤがスっとなくなった

もちろん、両親は兄と私と一緒に会社を継がせるつもりだったと思いますし、贔屓するなど、そんなつもりではなかったと大人になり父親になった今では思えますが、何もわからない子供の頃は、兄は“長男だから将来は社長にする”という想いで両親に、特別大切に育てられたと思い込み、兄に対する負の感情をずっと持っていました。

深い愛が響いていく、心がす~っと楽になっていく。

しかし“本当に自分の考えが全てだろうか・・・”と内省内観を通して真剣に自分と向き合い、両親がどれぐらい自分達兄弟を大切に育ててくれたのかその深い愛情に気づいたことで、負の感情がスッとなくなっていきました。もしこれを持ち続けていたら、兄に対して、ずっとモヤモヤしていたかもしれません。」

信頼の絆で結ばれた最高の兄弟!!

竹下専務は晴れやかな表情で語ります。
「今は自分がどうありたいか、どんな会社にしたいかが明確になってきて、自分が思ったことも自分の言葉で気持ちを込めて言えるようになり、社員に対しても話が伝えやすくなったと感じています。ただ会社をよくする、売り上げを伸ばすというのではなく、会社を良くしていくのは何のためなのか?売り上げを伸ばす目的は何か?という視点で伝えています」

「本当の事言ってるよ、信じてもいいかも」信頼の輪が広がっていく

自分の言葉を得た、と感じているのは竹下社長も同じ。
「今までは、ちゃんと心と体が一致した言葉を話していなかったから信用されなかった。“みんなでやるぞ!売り上げを上げるぞ!”と言っても、本音は“数字の為だけに会社経営をしたくない。何かを犠牲に生きたいわけじゃない“と思っていました。心と言葉と身体がバラバラだから、相手にも伝わりませんでした。今は、心と体を一致させた言葉をしっかりと伝えることが出来る。心と体が一致したビジョンを繰り返し話していると、“どうやらこの人本当のこといっているぞ信頼してもいいんだ”と、少しずつ社内に伝播していき、場が開いていくような感覚があります」

自分の居場所はここなんだ!!自分の会社が大好き!!

自分の会社が大好きと言えるようになった今、竹下社長は「やっぱり自分の居場所はここだったんだ」と思うのと同時に、社員に感謝する気持ちが溢れて来るようになりました。

そうすると自然に、「ご縁があり家族のように集まった人達が、幸せになる為にはどうしたらいいか?」ということを問いかけ始めました。

そしてたどり着いた「幸せになる為に、みんなの事を考えるのが社長の使命であり、楽しみであり、生きがいだったんです。」という言葉からは会社への愛が伝わってきます。

やっぱりみんなでいると楽しい。チームで取り組むのが楽しい。

弟の竹下専務も「やっぱりみんなで協力してやれることが楽しい。以前はなかったチーム意識を今の会社には感じています。結局は皆がいたから結果として売り上げができていたこと、会社が存在してきたことに気づき、感謝の気持ちが自然と湧いてきました。今後さらにその取り組みや一緒に歩んでいく人の輪を大きくしたいと思います」と語ります。

紆余曲折を経て、ここまでたどり着いた4代目兄弟。
「今だからこそ、父の苦悩や愛情が手に取るようにわかります」と、竹下社長は亡き父である先代の姿に想いを馳せます。

「3代目として向上心、使命感をもって、会社を大きくしたのは父でした。家に帰れば子供4人を抱え、独りですべてを背負い、仕事一色の人生。心を解放する場所もなかったのではないかと思います。父もまた弱みを社員に話すことを嫌い、家族にすら相談せずにたった一人で経営者としての孤独や悩みを抱えていたのです。

家業を拡大し、家族を愛情で包んでくれた父

そんな中、亡くなるまでの最後の9年間、売上が年々減っていく中で心と体を病んでいった父でしたが、人生を捧げ家業を拡大し、家族を大きな愛情で包んでくれたのも父でした。」

さらに、その時代に今を生き抜くヒントがあることに最近気づいたといいます。
「よく考えると2代目で法人化し、初年度から18期までの間に売り上げが1億5000万円から8億5000万円まで上がった成長期というのは、従業員が住込みで働き、夢や希望へ一丸となっていた家族主義経営が土台になったのだと思います。

家族のようなみんなが一緒に未来を信じていた

いつの間にか時代の変化と共に会社と個人が分けられ、仕事とプライベートもバラバラとなった今の時代に、どう家族のような絆を再現できるかが、会社の分かれ道だと思っています。ワールドユーアカデミーでは“社員がちゃんとご飯を食べているか?“ちゃんとお風呂に入っているのか?”というレベルまでフォローすることも学びます。

社員は他人ではなく仲間であり、家族的な結びつきこそが理想の形。
122年続く当社の原点である大家族主義をはじめ、いい部分はそのまま元に戻して、心を一つにしていきたいと思います。
こんな風に、自分の一族のことなのに、自分たちも理解していなかった原点にワールドユーアカデミーの学びを通して気付くことができたのは驚きで、ここに来るのがますます楽しくなってきたところです。」

次は兄弟で一緒に、ビジョンクエストに取り組んでいくというお二人。
何のための会社なのか?
どのように社会に貢献したいのか?
自分達の使命や天命とは?
決断を迫られる経営者として、より抽象度の高い方向性を明確にしていき、1000年続く企業を目指していくというビジョンを掲げています。

1000年続く企業を目指して、自分たちの天命に生きる。

竹下社長はワールドユーアカデミーでの1年間で「本来の自分に戻った感じがする」と言います。
「自分で言うのもなんですが、子供の頃は本当にいい子で優しかったのに、いつの間にか厳しくトゲトゲした人間になっていました。今は自分らしく心の余裕を持てるようになり、地元の友達に会えば、困っている友人を仕事にスカウトしたり、自分の利益とは関係ないことでも、人を助け貢献する気持ちが持てるようになりました、あと嫁との関係性が劇的に良くなりました。笑」

最後にお二人に今後の展望について語っていただきました。
まずは竹下社長から。
「まずは自分たちの会社、社員の幸せを第一にしつつ、飲食業界に新しい価値とエネルギーを提供できるような会社を目指します。今後は色々な産業がAI化していきますが、残るのは食。食べることは自動化できません。これから娯楽がどんどん増えていくと言われますが、食は人間にとって一番大切な部分です。キーワードは“食べる事とコミュニティ”飲食店で美味しいものを食べて、すごく幸せな気持ちになる。今の飲食業界は、“クリエイティブで、一つひとつ手作りで”という、ところに方向転換してきているのは間違いありません。そこに向かって、まずは自分たちがチームとして輝くことを目指したいと思っています。スモールジャイアンツのように、小さい会社だからこそ、輝いて働いていけるものを作り上げて、今度はそれを他社にも広げていく。京橋白木を通してクリエイティブな飲食店の魅力をもっと増やし、生き生きと働いている人たちを増やしていきたいと思っています」

食でそこに集まる人が幸せになる、そんなお手伝いが何より楽しい。

次に竹下専務。
「食という字は“人を良くする”と書きます。食とは、基本的に楽しい時間。素晴らしい仲間や家族と美味しいものを食べて嫌な気分になる人や落ち込む人はいません。食を通じて集まる人が幸せになる、そんなお手伝いをしていきたいんです。自分たちが、そこに関わり寄り添えることも嬉しいし、何よりもそれが楽しいと思えるからです。」

食は人を良くする力

その時間を提供する飲食店に対して、京橋白木は、ただ何かを販売するのではなく、愛や絆や勇気など数々の心が自然に湧き上がるような、より良い空間を創るお手伝いがしたいのです。

122年の歴史を生かして、様々な叡智から人の違いを学び認め合う事や、思いやりの伝え方など仲間が皆幸せになるプログラムを提供して共に学びながら、一人でも多くの仲間をサポートしていくことを考えています。

 

私達チームは共に学び成長し、一人でも多くの仲間の幸せを、心をこめてサポートしていきます。

「 奇跡の組織を創る。無料メールレターお届けしています。」
★幸せな会社をつくりたい」ビジョン経営実現に向けて奮闘する経営者や幹部、社員の皆様のリアルを無料メールレターでお届けしています。
色んなプロジェクトのご案内もしていますので、共感頂ける方ぜひご参加ください。

ご登録はこちら → https://www.world-u.com/magazine

インタビュー一覧はこちら


ヒーローズクラブ会社様 記事一覧

会社名をクリックすると、インタビュー記事がご覧いただけます。


受講企業様 記事一覧

会社名をクリックすると、インタビュー記事がご覧いただけます。



PAGE TOP