企業ドキュメント:光青工業株式会社 橋本 良平氏

光青工業株式会社 常務取締役 橋本 良平氏

幹部という鎧と武器を捨てたときスッと心が楽になった

「自分の思い込みできっと上手くいかない。自分は幸せになれない。自分を信じてあげられなかった。」と、約14年前の当時叔父が経営していた光青工業株式会社に新卒で入社した橋本良平氏は過去に自身が体験した会社や自分の中での変化を語り始めました。

当時、建築に伴う図面コピーの案件を主に抱えてきた良平氏の祖父が創立した会社は、22年前に起こった阪神淡路大震災時を機に仕事量は劇的に増えたといいますが、社員一人ひとりが個人プレーで仕事をこなしていくのが”普通”とされていた社内には決まったルールはなく、協力型からはかけ離れていた状態でした。

「その当時は、特別なルールや売り上げ目標がなくても勝手に売上があがる時代だったんです。」

業務ごとに仕事が分断されていた。

そんな時代を経て、「お客様の為に、また社員の為にどうしたらいいか」と真剣に考えるようになったのは10年前に経営が橋本玲子現社長の手に移ってからの事で、ちょうどそれは社員教育や環境整備への取り組みなどを一から学ぶ為に社内で様々なルールを設けて会社総出で仕組みを整える体制を取り始めた頃でした。

「今から7年ぐらい前ですね。元々そういう仕組みに力を入れていなかった会社なので、この取り組みを始めた時点で、40から50代の幹部をはじめとする3分の1の社員が辞めていきました。」

強制的にルールを設けて、形から整えていくという姿勢は多くの人にとって社内環境を居心地の悪いものに変えてしまい、ルールだけが一人歩きし、従業員の心はついていきませんでした。

形が先行するルール作りに心がついていかなかった。

そして良平氏は社内での新しいシステムの導入を境に、幹部の役職を任されるようになりました。
祖父が立ち上げた会社が代々引き継がれていく中で、自分の中で作りあげた目に見える業績などといった理想の成功像を追えば追うほど「歪んだあたりまえ」を社員に求めるようになり、良平氏の「祖父の為に」というまっすぐな姿勢はかえって裏目に出てしまうのです。

「仕事の引き継ぎはあったので、仕事内容やお客様のことは把握しているのですが、幹部としての役割は全く教えてもらっていませんでした。頭でっかちになってしまって、自分の実力が追いつけていないのに、役職だけで部下に『結果を出させる』という形で当時は経営をまわしていました。」

幹部としての実力がついてきていないことは、誰よりも分かっているからこそ理想を追う他なかった。

ワールドユーアカデミーの研修への参加当初は社員一人ひとりには担当するお客様がいて、手が回らない仕事を他のスタッフに任せるという、いわゆる分業スタイルが主流でした。
従業員とは会社の業務を通してゆるい輪の中で繋がっていたものの、社外でコミュニケーションをとる事は滅多になく一人ひとりの人間として繋がっている感は全くなかった状態だったそうです。

慢性化したこのスタイルは光青工業株式会社にとって「あたりまえ」だったので特に変化を持つ必要性を感じていなかったのが当時の心情だったのでしょう。

しかし、ワールドユーアカデミーの研修を通して知ることになる社員の心の声は良平氏を変えることになるのです。

研修に参加するまでは、 数字や結果が全てだと思っていた。

「尊敬できる上司の下で働きたい。」

仕事というカテゴリーで自分が大事にしていることは何かという質問である社員はそう答えたと言います。

幹部の役職に就いて初めて耳にした社員の本音を表すその言葉は今まで自分が社員に求めてきたビジネススタイルでは目に見える結果を出す方法はできたとしても、自分自身へ矢印を向けない限り本当の意味での成功は程遠いことを示していました。

本当の自分と向き合うことで社員に対する感謝の気持ちが湧いてきた

そこで良平氏が取り組んだのが、統合ワークという内省内観でした。
「過去をずっと俯瞰していく。普段自分自身と向き合わないじゃないですか。でも統合ワークでは本当の自分と向き合う時間を持ち、自分の中の弱くて嫌いな部分を俯瞰していくことで思い込みをバージョンアップさせていく。その感覚は体の中の悪いものが全部一旦出るようで、その瞬間は最高に気持ちいいですね。」

このような感情と向き合う心のトレーニングを受けるようになってから、良平氏は自分の弱い部分を認めてあげれるようになり、今まで味わった事のないすごく温かい気持ちを体験したと言います。
すると、これまで追い求めてきた表面的な成功などは意味を持たなくなり、代わりに社員に対する感謝の気持ちが生まれ、社内は明るくなってみんなが心の底から笑顔になれる環境が現実化されました。

「ありがとうの気持ちを表すサンクスカードというものが弊社にはあり、仕事を手伝ってもらった時や何かを頼んだ時などに社員同士で渡すんですが、厳しく接した後でも社員からカードをもらうようになりました。怒ってくれてありがとうございますや、気付かせてくれてありがとうございますなどの声が綴られていました。」

トレーニングで思い込みをバージョンアップさせる。

思い返せば急に幹部という役職を任されてからと言うもの、これまでその役柄にとらわれて地位を武器として仕事場で戦うことが当たり前と思っていた良平氏。しかし仲間と初めて登った屋久島の登山研修の経験を通して、自分も会社のチームの一員であるという自覚が芽生えた事で、「自分が出来ないことも認められるようになった。」と話します。

「登山なんて自信がなくて嫌だった。けれど、仲間がいることが有難かった。挑戦して初めて山を登った時にしんどい環境を支え合って乗り越える仲間の大切さに気づいた。両手で木にぶら下がったりしないと登れないような急坂を登山中、足を引っ張ることが多かった私は、チームにすごく助けてもらったんです。」


屋久島の研修は自分も会社のチームの一員であるという自覚を芽生えさせた。

山登りの研修を通じて彼は、何か大きなことに対して仲間の協力があることでその負荷を笑顔で分担し支え合う事の大切さや、また自分やチームが動くことで拡がる可能性という新たな視点に気付いたと言い、そしてその気付きは社員に接する姿勢を再度見直すきっかけへと繋がっていきます。

当時、自分が思い描く理想の幹部の姿へ近づく為に必死になり「こんなにも頑張っているのになんで伝わらないんやろう」と考えれば考えるほど、相手の出来ていないところばっかりが気にとられていましたが、屋久島の過酷な登山で自分には支えてくれる頼れる部下や仲間がいるんだと気づいた瞬間、ふっと気持ちが軽くなりました。

自分が部下に認めてもらいたい欲求と同様に、部下もまた「必要とされている」や「認めてもらうこと」を必要としているのではないだろうかと、違う角度から物事を見つめる目を養えた事、つまりそれは今まで良平氏に制限をかけていた幹部と言う役職の鎧を脱げた事を意味していたのでしょう。


役職にとらわれず、自らチームの一員として行動することで拡がる可能性は計り知れない。

最近では部下から話しやすくなったと言われる良平氏は、目に見える業績の伸びよりも、社内での支え合いや、思いやりなどの目には見えない部分を重要視し、前よりもしっかりと部下の意見に耳を傾けるようになったと言います。離職率も下がり、「方針についていけない」や個人がバラバラで孤独を感じるなど、以前のような理由で辞める社員はいなくなったそうです。

「今は悪かったなって思う。自分がもうちょっと早く気付いていれば、こんなことにならなかった。会社の状況も悪くならなかっただろうし、救えた仲間もいた。もっといろんな事が出来たのにな。」と話す良平氏の過去を思い返し遠くを見つめる瞳には、チームの手で確実に困難を可能性へと転じられる自信が感じらます。


最高の仲間からしか出せない結果がある

「月一回、ワールドユーさんの研修に参加をさせていただき、先に学びを始めた社長や同じく学んでいる会社の部下と、共通の話が出来るようになりました。素直な自分でいる関係性が社内に出来てきています。
研修を通して出会った仲間のおかげで、一人では解決できないことも助けていただき、安心感や新しいことに挑戦する勇気をもらっています。
人と人との違いを学び、今までコミュニケーションが上手くいかなかった理由が分かってきて、自分の接し方も変わってきましたし、何より心がすごく楽になってきました。」

良平氏の経験からも見て取れるように、一方通行で指導、誘導されて塗り替える社内環境はどうしても「息苦しさ」や「コントロールされている」などのネガティブな空気感をもたせてしまいますが、社員自ら自由に経験し、その中から各々感じて気付くことで新たな付加価値が生まれ、一人一人が自立しながらも支え合う新たな可能性が拡がっていく気がします。

仲間を尊重し感謝できる社内環境を企業側がどう提供できるかどうかでこの先、企業の価値は決まっていくのでしょう。



会社別一覧



PAGE TOP