企業ドキュメント:安藤物産株式会社 安藤 謙一郎氏

安藤物産株式会社 代表取締役社長 安藤 謙一郎氏

人が生き生きと成長できる会社 そして社会へ

ワールドユーアカデミーのリーダーシップ研修に、2010年から参加し学びを深める時を通して、自分自身に大きな変化がありました。以前はある意味、人が変わるのはなかなか難しいと思っていましたが、コミュニケーションも科学出来ると確信し、幹部を始め社内研修も取り入れることにしたのです。

会社の繁栄は社員の心と共にあること

ワールドユーアカデミーのリーダーシップ研修に、2010年から参加し学びを深める時を通して、自分自身に大きな変化がありました。以前はある意味、人が変わるのはなかなか難しいと思っていましたが、コミュニケーションも科学出来ると確信し、幹部を始め社内研修も取り入れることにしたのです。今までの私は、134年継続している会社を引っ張り、一人のランナーとして次にバトンを繋いでいく事が社長の役割だと信じていました。その為には、こうでなければならないと、高い理想を掲げ自分にも人にも厳しかったかもしれません。それも重要な事の一つですが、これからの時代、会社を繁栄させ継続させていくことに加えて、どのようにご縁のある社員を生き生きと幸せにしていくのか?会社の繁栄は社員の心と共にあることが、大切だと確信しました。物心共に豊かになることが大切な時代だとさらに視野が拡がったのです。

134年の歴史を繋ぐ会社です。

仕事を通して人生を生きていく

しかし大人になるにつれ「夢では生きられない、現実を見ろ、どうせ無理」を教えられ、あきらめている、また忘れている人もいるかもしれませんが、すべての人には、子供の頃から大切にしているビジョン(志)が既に備わっていて、そのビジョンを内省しながら覚醒させていく。そしてワクワクするような躍動するビジョンを生きる事が仕事であり、仕事を通して人生を生きていく。仕事は単に利益を出す為、お金を得るために有るのではなく、人生の生き方だと思っています。すべての社員には素晴らしい人生を歩んで欲しいと願っています。

安藤物産は社員の成長の場

だからこそ社員には安藤物産の為だけに働いて欲しいと思っていません。自分のビジョン、人生の為に、社会に貢献する為に働いて欲しいと願っています。安藤物産という会社がそんな社員の成長の場でありたいのです。場はとても重要です。人は場に影響受けずにはいられないし、影響を与えずにはいられないからです。

仲間との絆を深める体験をする

万年杉。自然の力を五感で体験しています。

さらにチーム力を目覚めさせる為に、宮之浦~縄文杉やモッチョム岳登頂など、登山研修を取り入れているのも、仲間との絆を深める結果につながっています。日頃から体を鍛える事が無い社員には肉体的に大変な思いをさせるかもしれない。しかし登山の過程では役職を離れ、人として自分自身をさらけ出し、仲間同士助け合い励まし合いながらゴールを目指し達成します。そして最後に心からの「ありがとう」が心に染みてくる。本来の仕事の姿がここにあると実感するのです。売上や利益という結果だけではなく、どのように仕事に取り組んだか、その取り組む姿勢に人は共感し、「ありがとう」と言う言葉が自然と出てくるものだと思います。そんな体験をする為に大自然の中で、登山研修はとても重要で価値があるのです。

リーダーの役割はコミットメントにある

良く言われることに、「リーダーが登る山を決め、幹部や社員が登る方法を決める」とありますが、私は、思い溢れるビジョン(志)があるならば、登る山というプロセスも皆で決めれば良いと思っています。その決める過程が大切だからです。そしてリーダーの役割は、その過程にも結果にも責任を取ると決断し、強い思いで登り切る、下りきる、つまり成し遂げる、コミットメントにあると思っています。

歴史を繋ぐ企業として「良いものを広める」ために本気のビジョンを探求しています。

人が生き生きと成長できる場を未来へ

乾杯!内省内観、全員本気で取り組みました。

今後さらに安藤物産を、人間がリーダーが育つ「場」にすると誓っています。「社員とその家族が成長し、各々がその成長と共に良い影響力を発揮する事でより多くの人と共に素晴らしい人生を歩む事が出来る」そんな「場」にし育て、そしてここから地域へ社会へ世界へ、また子供達の未来へと、人が生き生きと成長できる場をつなげてまいります。



会社別一覧



PAGE TOP