屋久島合宿研修  ~モッチョム岳~

「屋久島合宿研修」 モッチョム岳 3泊4日

なぜ山に登るのか?
それは私達が得たいと思っているチームの姿がここにあるからです。チームが同じ登頂という目標を目指します。ここに曖昧さは全くなく、どの様な行動をするのかも明確になっています。リーダーは登頂を目指し時には先頭に立ち、時にはしんがりを歩き、メンバー全員に目を配り個々の状態に気を配ります。そんなリーダーの姿をメンバーは身体全身で感じる事になります。メンバーもリーダーに従うだけではなく、全員で登頂を実現するという目的に向かい他のメンバー、そしてリーダーの状態に気を配るのです。なぜなら、それが自然な事だからです。自然の中では上司と部下という役割ではなく、全員が主体性を持ち、その時の状況に合わせて役割を変えていきます。目的達成を目指すチーム本来の姿があります。そしてふと振り返ります。なぜ社内では困っている部下に優しく手を差し伸べなかったのか?励ましの声をかけなかったのか?そしてある幹部のポツリと言った「山を下りて社に戻っても、社長と共に見た景色、感じた風、流した汗は決して忘れまい」そんな声が心に残ります。人として本音で触れ合い、大切な絆を深める黄金の体験。これが山を登る答えなのかもしれません。

日本一の陰陽山へ チームの絆を深める旅


モッチョムは日本一の陰陽山と言われ、西から見れば雄大な岩肌を覗かせ、東から見れば天空に突き刺すような勇猛な姿を現します。陰と陽の二気が調和した山、それは森羅万象、宇宙のあらゆるものの秩序の守護神を表します。それ故に、巨岩の頂上の岩陰には人目を避けるように祠が祭られています。それは、ここを登る事で気のバランスが整い、頂上に着くころには秩序を取り戻した人々が、神聖な気を取り入れる祠でもあります。心身の調和と共に、チームとの調和、深いつながりを体験する旅です。

  1. プログラム
  2. 受講生の声
  3. PHOTO ALBUM

屋久島合宿研修 モッチョム岳 3泊4日間

1日目 14時開始
2日目 天候に合わせての野外研修
3日目 天候に合わせての野外研修
4日目 11時解散

受講生の声

お互いを認め合うことで得た安心感
上司や周りに自分のいい所、悪い所も認めてもらえる安心感や、部下に対してその存在となることを認めることで安心を与えられることがわかった気がします。自分が何をまわりに与えられるか、また相互依存の関係になることで、自分が何を求めているのか安心してチームに託せる環境があることがチームにとって何より大事だということが分かりました。これからそうしたチーム作りができるように現場でのコミュニケーションにつなげていきます。/商社・幹部

チームワークの大切さを感じた 
山を一歩ずつ登っていく中で自分の中での葛藤や不安などが心の中から消えていくのを感じました。初日にチームメンバーと考えたビジョンを共有し、みんなが見たい世界を見ようとした時、一人では登れない山もつながりを感じながら楽しく登ることもできることに気づきました。この研修は、体を使って理解を深め気づいていく貴重な体験だと思います。調和、つながり、愛、絆、強さを山から学びチームワークの大切さを感じました。/商社・幹部

みんなとだからこそ出来ること
チームメンバーで一つの目標に向かって取り組めたことが、日常(仕事)に戻っても、成し得る事が出来るんだという自信に変わった。また、大自然の中で非日常を感じあたたかいパワーをもらえたこと、表情をいただいたことも屋久島研修で得られた事だった。自分一人では出来ない事、嫌だなと思う事、取り組みたくないと思う事でも相手・メンバーがいる事でフォーカスする視点が変わると見えていたものが大きく変わることが感じ得られた。/サービス業・幹部

学びと感動を仲間と共有する喜び
学びが大変多く数々の感動を皆と共有することができ、とても充実したものとなりました。笑いが絶えず起こり、支え合い、自然の厳しさ、素晴らしさを分かち合うことができたのは私にとって本当にかけがえのない貴重な経験です。この研修で経験した自然の素晴らしさ、沢山の学びは今後の私の人生にとって大きな影響を与えてくれると感じます。/印刷関連・幹部

チームの原点としてスタートする
今回の研修メンバーは会社の次世代を担うメンバーでありながら本当の心の芯の部分で一体になれておらず悩んでおりました。研修ではこのメンバーで一緒に考え、悩み、苦労し、お互いを思いやる気持ち、またその場にいないメンバーの気持ちになり考えてあげられる本当の家族の様な何でも言い合えるチームになれたと思います。そんな戻れる場所が出来た事、それが一番の成果です。少しずつ変わって「全ての喜怒哀楽を共にする!」ずっと一緒に共に進んでいけるチームになります。/建設関連・幹部

笑顔が与えてくれるパワー
こんなに笑って笑顔があふれたチームで挑戦出来たことに感謝しています。発見はその笑いと笑顔の力がすごく大きかったことです。自分に出来ることはなんだろう…と考えた時に自分にもできることがあるというふうに思えたことはこのチームで学ばせていただいたことです。次は自信を持って登頂、だけでなく、もっとリーダーシップをとれるよう自分を鍛えて帰ってきたいと思います。/印刷関連・幹部

チームが一つになった「安心感」
一歩一歩呼吸を意識しながら登るだけで全く登山が苦にならず、またチームで一つの事を行っているという事と、ちょっとした安心感を感じることができました。又室内のワークでも相互依存の間隔を感じ、自分自身を受け入れて頂いている気持ちよさを感じることができました。この4日間を通して、さらに築き上げあることができた絆、安心を心に置き、自分が会社に対してできることをやり、会社に求めたい事を発信し、会社全体が安心感に包まれたチームになるようにしていきたいです。/サービス業・幹部

ビジョンが与えてくれた心の変化
 信念を持って取り組むことで一体感やワクワクした気持ちが生まれ、それまで嫌でしょうがなかったことが楽しみに感じて、登っている最中も頑張れるのだと思いました。会社に置き換えても、沢山の人の感情の中で一つのビジョンに向かっており、その人たちの過去や育ってきた環境が違う中でいろんな人のいろんな役割を担っているのだと思います。ビジョンの有無で交わる心の変化や、大自然の中で感じた感謝の心に気づけたことが大きな学びとなりました。/サービス業・幹部

4日間で感じた仲間との「絆」
 今回の研修に参加して、体と心とで実感した事は、チームで何か苦難を乗り越える時に、自然と自分がどういう立場でチームに貢献できるか考え行動し、そしてチーム全員で乗り越えた後には「絆」が生まれていることを体験できました。4日間という短い時間でしたが、参加する前と今とではあきらかな変化が自分に現れており、変わった…というよりも、本来の自分に戻れたような気がします。/商社・幹部

違いを受け入れる事変 
 普段感じることが出来ない大自然を屋久島で感じることが出来、自分の体がすごく元気になったような感じがしました。人はそれぞれの違いがありますが、受け入れていくと、その人らしさが出て良い空気が生まれるのかなと感じました。自分を出す、周りの違いを受け入れていくことを行い、会社でもプライベートでも相互依存の関係を築いていきたいと思います。/商社・幹部

安心を与えてくれる大事な存在
自分にとって今回の研修は、チーム・仲間・周りにいる人達が頼りになり安心を与えてくれる、大事な存在である事を再認識できた素晴らしい機会でした。また、今まで思っていても言葉に出来なかった事を話すことが出来たのも大きな事だと思います。会社に戻っても同じ様な気持ちでいられるように仲間・メンバーを信頼し、信頼されるようにしていこうと思います。/商社・幹部

ワールドユーのメソッドを受講され、ビジョン経営へと歩む経営者・幹部の方々の体験をご紹介しています。

プログラム中に屋久島やカナディアンロッキーでの合宿を実施しています。大自然の中でチームの絆を深め、ご自分と向き合い、心身の調和をもたらす貴重な経験をしていただきます。



PAGE TOP